孤独のグルメ3「北区赤羽のほろほろ鳥とうな丼」
e0080345_829645.jpgこのシリーズでの食べっぷりが評価されたのか、松重豊。某CMでも、なかなかにイイ味だしてますが

はじまりましたね。初の暑いシーズン。(パート1と2は冬だった気がするので)

寒い季節とは違う意味で、ほっこり感、というか、爽快感。あの食べっぷりと食の探究心には、癒されます。

お約束の、ひょうひょう、モノローグ。ユーモラスなボキャブラリー炸裂!

(あの、なんとも不思議女性。広田レオナだったとは!)
(ほろほろ鳥って、新境地の美味しさ、だったのですね。いいなぁ…)

とかく、「食べる」ことが、おっくうになる、この季節。しばし、元気をもらえそうです

    (ストーリー)

井之頭五郎(松重豊)は、その日商用で「赤羽」を訪れた。
久しぶりの街。20年か?かわったなあ・・・。
『YO!YO!赤羽女子(バネジョ)』の大看板に苦笑。
今日の一人目の顧客、黒田真理子(広田レオナ)に会うため、喫茶店『プチモンド』を探す。店に入るとかなり怪しげな黒づくめの女性が・・・まさかの黒田だった。
黒田は「パズズ」とか「アモン」いう悪魔の像がほしいというのだが・・・。
黒田を先に帰すと気分直しに「フルーツサンド」を注文し、ひと時癒される五郎だった。
次の顧客を訪ね、呉服店を訪ねると店主の南木(千本松)はおらず、何やら重い紙袋をあずけられ近くのスナックへ行かされた。そこへ行くとママ(清水ミチコ)と南木と友人が、昼から楽しそうに飲んでいた。
注文の品と紙袋を渡す五郎。紙袋の中身は、何と重い卒業アルバムだった。
疲れを感じつつも懐かしさに町を歩く。
ふと、以前入ったうなぎ屋『まるます家』を見つけ心が揺らぐも、新規開拓と『川栄』に入り、「ほろほろの鳥の合わせ盛り」「ほろバラ串」「ほろあぶら串」「鰻のオムレツ」「ほろスープ」まで頼む五郎。
ひとりの中年男性客(石倉三郎)が白焼きと日本酒を堪能し、くぅ~。などと声を上げている。(フッ)いい気なもんだ。などと思いつつ、その美味しさについつい自分の声を上げてしまう五郎だった。
そして五郎がしめに頼んだのは「うな重」ではなく、「うな丼」だった。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-07-11 08:26 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20781804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2013-07-12 01:52
タイトル : スターマン・この星の恋第1話 & 孤独のグルメ3第1話(..
・スターマン・この星の恋第1話 陽気で頑張り屋のシングルマザー佐和子@広末涼子が 記憶喪失の謎の男星男@福士蒼汰と同居する話 第1話を観ましたが・・・リタイアです。 面白かった方、ごめんなさい。 岡田惠和脚本 なんとなく『泣くな、はらちゃん』と同じ臭いを感じるドラマだった。 そしてなんとなく両作品に近寄り難さを感じた。好きな人は好きなのだろう。 広末涼子は女優になったな・・・とは思った。 ・孤独のグルメ3第1話 週刊SPAで不定期連載中の漫画が原作だそうですが、原作未読 夜中のおなかがすく時間帯に ...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2013-07-23 19:34
タイトル : 孤独のグルメ〜食べる喜びを追求する井之頭五郎は<経済優先..
『孤独のグルメ』(テレビ東京・夜11時58分)が面白い。  内容は仕事の合間に、井之頭五郎(松重豊)が店に入り、ただ食べているだけ!  何のドラマも起きない。  たとえば、赤羽の鰻屋・川栄さんに入った時はこんな感じ。  鰻屋にはめずらしいホロホロ鳥のメニュー...... more
<< 激流~私を憶えていますか?~「... ショムニ2013「復活!10年... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【陸王】第9話 感想
from ドラマ@見とり八段
ショートレビュー「彼らが..
from ノラネコの呑んで観るシネマ
陸王 第9話
from MAGI☆の日記
日曜劇場『陸王』第九話
from レベル999のFC2部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のFC2部屋
NHK大河ドラマ「おんな..
from 真田のよもやま話
映画『彼らが本気で編むと..
from yutake☆イヴの《映画★..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)