「火曜曲!」の篠田麻里子
知りませんでした。彼女は1.5期生というか、最初のオーディションには落ち、物販を手伝ってたところから、途中よりメンバー入りしたんですね。

(それだけに、「やや遅れて参加した」複雑な思いも…)

だけど、たしかに「持ってる」なぁ… と感じてしまったのでした。

じゃんけんには勝つわ、スタイル良さと現代的ルックスを生かし、「モア」モデルとして活躍してるわ、常に総選挙では上位に入り、「つぶすつもりで…」じゃないけれど、その言動が注目の的になるし…

ひょっとして、“個人をイメージ”して書かれた曲は「上からマリコ」だけでは?
堂々の、センターにも輝いてるしね。

なにげに、こじはる(小嶋陽菜)と親友なのも意外だったし、総監督の、たかみな(高橋みなみ)と1度だけ喧嘩したのも「へ~~っ」

ともちん、(坂野友美)との確執も、なるほど「先に(ともちんが)引退宣言をしたのに、後から告白して、大注目され、先に送り出されて…」だと、複雑なものアリかもしれませんね。

だけど、「送られる方から、送り出す方に腹が座った」という、ともちん、も、そこはプロ、というオトナ。整理しきれないものはあるだろうけれど、集団の宿命だよね、とも感じました。

たしかに、惹きつけられるものがあるので、ひょっとしたら、元AKB的には、他と違う道を歩きそうな予感。(モデルさん、だし)

卒業曲「涙のせいじゃない」も、なかなか雰囲気な曲。

それにしても、「上からマリコ」は、本当に似合ってるイイ曲だなぁ… 他の人はできないポジションだし、個性だよね、と感心。
[PR]
by noho_hon2 | 2013-07-17 07:59 | テレビ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/20808180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ぴんとこな あまちゃん総集編・前編「おら、... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)