マルタイの女
e0080345_1712717.jpgじつをいうと、公開当時。みんなの評が、「今ひとつ、彼らしくない」とか「やや、精細に欠ける」等々、いまひとつ評判悪かったのと、

正直いって、伊丹監督ならではのサービス精神のコテコテさが、個人的には、ややツーマッチ。「ツボじゃないなぁ…」ってな部分あったので(ファンの方、ごめんなさい)

ほとんど期待なかったのですが、改めて観ると「やはり、伊丹監督、才能の塊だったのね…」とタメ息なものがあったです。

たとえば、「タンポポ」「マルサの女」シリーズや「スーパーの女」みたいな、ヒット作品に共通する、明るくメゲず、娯楽作品の中。有意義情報を、山と散りばめつつ、“痛快さを徹底追求!”みたいな要素が、やや希薄で、そこはかとな~い虚無感が漂っているあたり、不評だったのかもしれませんね。でも、やはり、ずばぬけたエンターティメント精神は健在でした。

ただ、他の方も指摘されてるよう、ハッとさせられるシーンが、あちこちに。

あるいは、こちらの深読みかもしれませんが、この作品が遺作となってしまった分。経験を徹底して「作品として活かす!」方針だけに、遺書めいて感じられる部分が少なからずあり、うむむのむ。

彼なりの美学と心意気を、愛してやまない役者さんに代弁させたのかなぁ、と、感じさせる要素があって、ドキドキだったのでした。

とにかく、みなさん、実にイイ仕事してます。この頃、めきめき頭角をあらわしてきた、西村雅彦。この作品で、日本アカデミー賞の助演男優賞をとったのも、納得!の演技と存在感だわ。

どんなに、めちゃくちゃ変装(のレベルに入る…と思う。あそこまで眼鏡と髪型で別人にすると)しても、江守徹だと分かるオーラと存在感は、さすが!だったのでした。

スタッフの中には、あの三谷幸喜も名をつらねて、ビックリ。どうも、それが「映画へのきっかけとなった」そうですから、縁って不思議ですよねぇ。

年月が、改めて彼の評価を高めそうな予感、ヒシヒシ…
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-06 17:38 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2103891
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 苦手は道しるべ 終りに見た街 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コード・ブルードクターヘ..
from レベル999のgoo部屋
コード・ブルー3 最終話..
from 平成エンタメ研究所
コード・ブルー~ドクター..
from ディレクターの目線blog@..
コード・ブルー~ドクター..
from ぷち丸くんの日常日記
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
おんな城主直虎 第37回..
from あしたまにあーな
【愛してたって、秘密はあ..
from ショコラの日記帳・別館
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)