苦手は道しるべ
e0080345_1757252.jpgよく、人は「好きなこと(向いたこと)を選べばイイ」とアドバイスしますが、なにかと経験が乏しい頃は、それが、よく分からないもの。

いろいろやってみて試行錯誤。「苦手を知る」のも、なかなか有意義だと思いません?

やはり、主役がよりきわだつには「引き立て役も必要」に思われて

じつは、激しくブーイングされそうですが、学生時代も後半。就職を考える頃。「実家に帰ると、なし崩し的に見合いさせられてしまいそう…(あまりの娘の甲斐性のなさ。知らない間に、成人式の記念写真が回ってたぐらいなので)」って危機感から

当時、四大卒の女子は、はげしく就職難。「落ちたら、諦めるから…」を条件に、就職試験だけは受けさせてもらったのでした (親も、こんなトロいのが「ウカる訳ない」と、タカをくくってた)

その、筋肉マンの火事場のなんとかパワーならぬ、危機感ゆえの必死さと、大ハッタリを、なぜかガッツと勘違い。怒涛の世間知らずぶりも、「こんなのが、ひとりぐらいいても…」だったのかな? 

偶然、受かったところが、今思えば、信じられないぐらい厚遇してくれたのですが、な、なんと、仕事内容を、よく知らない… というオソマツさ、だったのでした。(せっかく採用してくれた人事さん、本当にゴメンなさい)

そういう訳で、仕事内容。それはそれは感動的なまでに「向いて」ませんでした。

しかし、不思議なものですね。なまじ、上の意向で、ワカモノと女性の能力を高くかいすぎた方針が、逆に、ある筋にはカチンときた?らしく、優秀な人材から、ツブされるツブされる…

1年半後は、ほとんど、ひゅるる~っ
残った、全国でも数すくない同期の子たるや、研修中。「就職を決めた理由? そろそろ、早起きする習慣をつけねば…、と思ったからですぅ」とのんびり答えて、生真面目な教官を激怒させた子だったのも可笑しかったです。

た~またま、その彼とイベントでご一緒することになり「(1番、問題児だった)キミとボクが残るだなんて、嘘みたいだねぇ…」と笑ってしまうことしきり

でも、その苦手から学習して「ああ、自分は、こういう方面はダメなんだな…」と発見できたし、他人の能力に感心しまくれたり… 組織とは不思議なもので、たとえば、肩もみがやたら上手だったり

「なぜか、相手が勝手に喋りにくる(どういう訳か、偉いさんから、運転手さん、交換手のお姉さんまでが、息抜きにくるくる…)」個性だと、特にサバイバルな場では、格好の隙間的存在として、重宝がられ、生き残れる事実に「へ~ぇ」

      ダメダメの中にも、意外な光アリ?!

今でも、テキパキと空間認識能力は、うんと苦手で、たとえば「すっぽりシーツ」がいまだ、うまくはめられず、トホホ… なのですが、案外、苦手は絶好の道しるべかも、としみじ~み
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-06 18:43 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2104419
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きら at 2005-12-07 09:18 x
こんにちは☆私もまさかこの仕事に就くとは・・・って思ったくちです。
学生時代から避けてきた仕事を 今楽しくやってるんですから 分からないもんだなあ・・ってつくづく思います。今では 天職やね って人から言われるんだけど 自分ではよく分かんないの。
学生時代の苦手意識が 潜在意識に潜んでるのかも・・・。
その仕事に向く 向かないのいうのは 気持ちが向いてるか いないかだ って聞いた事があります。なるほど・・・・でした。
やってみなきゃ分からない 食わず嫌いではあかん・・・とは思いますがなかなか・・ね。
Commented by noho_hon2 at 2005-12-07 09:56
な、なんと、きらさんも偶然を重ねて「現在がある」クチなんですか?
だけど、そうそう。たとえ一見、苦手で向いてなくても、百パーセントのダメダメは無くて、意外な方面に活路がある、ってのも、この体験から学んだことでした。

「やってみなきゃ分からない」 …まったく同感です (^0^)p
Commented by ふゆこ at 2005-12-07 10:10 x
>苦手を知る」のも、なかなか有意義だ
ってそう思います。わたしにとってはなにもかも苦手
という状況のときもあったのですが……。
でもほんと苦手は絶好の道しるべだと思います。
紫草さんにそんな時代があったなんて……
信じられないけど(^_^)
Commented by noho_hon2 at 2005-12-07 18:16
あとで考えれば考えるほど、苦手は「多くのことを教えてくれた」ような気がします>ふゆこさん。実は私、喋るの下手だし、とくにトロさが致命的 (^┰^))ゞ
<< 隙間をねらえっ! (雑誌・戦国時代) マルタイの女 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
刑事ゆがみ 第7話
from ぷち丸くんの日常日記
ドクターX~外科医大門未..
from ぷち丸くんの日常日記
ドクターX~外科医・大門..
from ディレクターの目線blog@..
刑事ゆがみ (第7話・2..
from ディレクターの目線blog@..
ブラックリベンジ (第8..
from ディレクターの目線blog@..
奥様は、取り扱い注意 #08
from ぐ~たらにっき
監獄のお姫さま (第6話..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)