のぼうの城
e0080345_12114883.jpgキャッチ・コピーは「豊臣軍にケンカを売った、でくのぼうがいた。」「この男の奇策、とんでもないッ!」。

まさに、野村萬斎ありての本作! 「でくのぼう」だけど、民心を掴む天才、のぼう様こと、成田長親(なりた ながちか)の快挙に、彼の存在感のスキルが、ハマり役。

彼が考えた、という田楽踊りが抜群の効果をあげてます。

TBS開局60周年記念作品ってことで、犬童一心×樋口真嗣のダブル監督作品、だったのですね。

「水攻め」のシーンが、東日本大震災を連想させるとのことで、公開延期になるも、時期をみはからっての公開後は、好調だったし、DVDもベスト5入り(王様のブランチ)を続けていて、ヨカッタヨカッタ

佐藤浩市、山口智充、インパクトある役柄で好演! 秀吉役の市村正親も「…なるほどなるほど」

数少ない女性っ気、姫君を演じた、榮倉奈々、「図書館戦争」もヒットしたし、引く手あまたですね。

尾野真千子、芦田愛菜、母娘が(その後の活躍を思うだに)贅沢感でした。

個人的には、和田竜の小説家デビュー作である原作が、08年第139回直木賞にノミネート、09年本屋大賞2位を受賞という興味から見てみたのですが、

「なるほど。きっと、こんな感じだったんだろうなぁ」感な、ちょっとコミカルなリアリティ。伝統芸能を受け継ぐ、野村萬斎がいてヨカッタなぁ、と感じてしまったほど。

賛否両論ありそうですが、長きに渡るエンディング。「その人物のその後と、そして名残をとどめた、現代の図…」がエレファントカシマシの「ズレてる方がいい」にのって流れる画像は感じるものがありました。

    (ストーリー)

この城、敵に回したが間違いか?! 天下統一目前の秀吉が唯一、落とせない城があった。驚天動地の戦いが今、始まる!
天下統一目前の豊臣秀吉に唯一残された敵、北条勢。周囲を湖で囲まれた「浮き城」の異名をもつ「忍城(おしじょう)」もその一つ。そんな中、忍城ではその不思議な人柄から農民たちから“のぼう様(でくのぼうの意)"と呼ばれる、成田長親(なりた ながちか)が城を治める事に。長親に密かに想いを寄せる甲斐姫(かいひめ)。戦に強く「漆黒の魔人」と恐れられる丹波。丹波をライバル視する豪傑・豪腕の和泉(いずみ)。`軍略の天才'を自称する若侍、靱負(ゆきえ)。迫りくる天下軍に緊迫する仲間たちを前に、「北条にも、豊臣にもつかず、皆で今までと同じように暮らせないかなあ~」と呑気な長親だが・・・。
武将として名を挙げる事に闘志を燃やす石田三成は、秀吉より預かった2万の兵を進め、忍城に迫る。やむなく降伏することを覚悟する忍城軍。しかし三成軍のなめきった態度に、長親が思いもよらない言葉を発する。「戦いまする」そして、誰の目にも絶対不利な、たった500人の軍勢対2万の大軍の戦いの火ぶたが切って落とされた!
[PR]
by noho_hon2 | 2013-09-26 12:35 | 映画 | Trackback(14) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/21117791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2013-09-26 12:46
タイトル : 『のぼうの城』
□作品オフィシャルサイト 「のぼうの城」□監督 犬童一心□脚本・原作 和田竜□キャスト 野村萬斎、榮倉奈々、成宮寛貴、山口智充、上地雄輔、山田孝之、平岳 大、       西村雅彦、平泉 成、夏八木 勲、中原丈雄、鈴木保奈美、前田 吟、中尾明慶、    ...... more
Tracked from よくばりアンテナ at 2013-09-26 13:02
タイトル : 映画『のぼうの城』観てきたよ~~\(^^@)/
面白かった~~~!! もう一回観たいと思います! この作品で野村萬斎さん大好きになっちゃったわ~~~(*^。^*) 小説版を読んだのは2年前記事はコチラ その時は知らなかったんだけど、この作品、脚本が元々で、 映画化が決まった後で、小説化されたんですね。 元々脚本だったからなのか、ホントによくできてる!って思わせる、 とてつもない面白さ!! しかも実話...... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2013-09-26 13:08
タイトル : 劇場鑑賞「のぼうの城」
でくのぼうの、大勝負… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211020003/ のぼうの城 上 (小学館文庫)和田 竜 小学館 2010-10-06売り上げランキング : 19Amazonで詳しく見る by G-Tools のぼうの城 下 (小学館文庫)和田 竜 小学館 ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2013-09-26 13:52
タイトル : のぼうの城
カタルシスは無いが達成感はある。  ... more
Tracked from 佐藤秀の徒然幻視録 at 2013-09-26 13:54
タイトル : のぼうの城
のぼうの田楽、三成の猿楽 公式サイト。犬童一心、樋口真嗣監督、野村萬斎(振付も)、上地雄輔、榮倉奈々、佐藤浩市、成宮寛貴、山口智充、山田孝之、平岳大、前田吟、鈴木保奈美、 ...... more
Tracked from カノンな日々 at 2013-09-26 17:48
タイトル : のぼうの城/野村萬斎、榮倉奈々
犬童一心監督の作品としてかなり珍しい感じの大掛かりでスペクタクルな時代劇だなぁと思っていたら樋口真嗣監督との共作だったんですね。戦のシーンなど大スペクタクルなところは ...... more
Tracked from 花ごよみ at 2013-09-26 19:07
タイトル : のぼうの城
和田竜作「のぼうの城」を、 犬童一心監督と樋口真嗣監督で映画化。 実在した武将・成田長親を描く。 主演の成田長親(のぼう様)には野村萬斎。 のぼう様とはでくのぼうの意味で 領民から親しみをもって受けいられている。 和平交渉に向かった長束正家(平岳大)の...... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2013-09-26 22:55
タイトル : 『のぼうの城』(2011)
天下統一を目前に控えた豊臣秀吉は、残る北条氏討伐のため大軍を持って本拠地小田原城を包囲し、その支城にも軍勢を差し向けた。忍城攻略に向かったのは石田三成を総大将とする二万の兵、対する忍城に立て篭もるのは僅か五百・・・。 和田竜のベストセラー小説『のぼうの城』の映画化作品で、当初は昨年9月の公開予定だったが、劇中に登場する水攻めのシーンが東日本大震災の津波を連想させるという理由で一年以上延期され、ようやく公開の運びとなった。 配役は「のぼう様」こと成田長親に野村萬斎、成田家家臣の正木丹波守利英に佐...... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2013-09-27 09:37
タイトル : 「のぼうの城」
500人対2万人。 『浮き城』と『利に転ばぬ者』。... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2013-09-28 23:07
タイトル : 「のぼうの城」三成の理不尽な要求に戦を選んだでくのぼうの..
「のぼうの城」は1590年に豊臣秀吉が北条小田原攻めの時に石田三成が攻めた成田長親守る忍城の攻防戦を描いた実話のストーリーである。天下統一目前の秀吉相手にわずか正規の ...... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2013-09-29 01:31
タイトル : [映画『のぼうの城』を観た(寸評)]
☆秀吉の小田原征伐の時代、北条方についていた支城が一つ、成田家の忍城は、石田三成率いる二万の軍勢を前にして、降伏か戦うかの決断を迫られる。 領民から「でくのぼう」の「のぼう様」と慕われていた成田長親は、暫定的に当主となり、500人の兵での、勝ち目のない...... more
Tracked from 風に吹かれて at 2013-10-06 13:51
タイトル : のぼうの城
二万の軍勢と戦う方法お金では買えない秘策公式サイト http://nobou-movie.jp天下統一目前の豊臣秀吉(市村正親)は、北条勢を攻撃目標に定めていた。周囲を湖で囲まれ「浮き城」の異名をもち... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2014-01-08 19:12
タイトル : のぼうの城〜長親と三成の人望
 人望の物語だ。  成田長親(野村萬斎)には人望がある。 「あいつは頼りないから俺が何とかしてやらなければ」と部下に思わせる人望。  一方、石田三成(上地雄輔)。  三成は自分が一番優れていると思っている。  唯一、尊敬しているのは豊臣秀吉だが、その他の人...... more
Tracked from 伊達でございます! at 2014-01-09 07:36
タイトル : のぼうの城[2011年・日本]〜TBS「新春プレミアシネマ」
  野村萬斎さんは、成田長親のイメージにぴったりでしたが、本作が見応えがあったのは、正木丹波守利英役の佐藤浩市さんと大谷吉継役の山田孝之さんのふたりの存在感が大きかっ ...... more
Commented by 高木一優 at 2013-09-27 17:20 x
「のぼうの城」は原作はつまらなかったんですが、映画は面白かったです。何でもまず脚本があり映画化が決まってから、小説が書かれたみたいです。おっしゃるとおり「野村萬斎ありての本作!」ですよね。あのとぼけた演技を文章で表現するのは難しいですよね。
Commented by noho_hon2 at 2013-09-27 19:25
高木一優さん、こんにちわ。わぁ、そうだったんですか?! 初めて知りました。感動… じつはネット情報から、後で「映画化ありての原作からノベライズされて…」って事情を初めて知りました。

でも、「王様のブランチ」で、かなり本が長くランキングされてたなぁってのが印象に残ってたもので (^^;)ゞ

本当に、野村萬斎の存在は凄かったです。あの存在感は映像ならでは、ですよね。…同感です。
<< 孤独のグルメ Season3 ... 皆川猿時(スタジオパークから、... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ハロー張りネズミ (第6..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)