オリンピックの身代金(第二夜)
e0080345_11172487.png二夜目は、さらにサスペンス・フル。

やはり、「役者がハマる」と、ワクワクしますね。オハナシも、スリリングだったし、ディテールが、セットや小道具を筆頭にファッションに至るまで、凝り凝り!で、中心人物の美しさ、ともども目の保養。

爆弾を仕掛けては大胆挑戦、逃げる松山ケンイチも、追う竹野内豊も、さらに魅力的に感じました。

速水もこみち、意外なほどチャラ男が似合ってて、思わずプププ… (^m^)

似合ってる、といえば、泉谷しげると、岸部一徳も、違う意味で、なかなかにフィットしてましたね。市川崑の「東京オリンピック」画像も、違和感なく、上手に使われてて感心。

荒唐無稽だけに、よくぞ、ここまで… のダイナミックさ。
ドラマとして、楽しめました。満足

   (ストーリー)

次々と爆破事件を起こし、東京オリンピックを人質に国に8千万円もの身代金を請求してきた犯人……。国の威信をかけた東京オリンピックだけは何としてでも無事開催できるよう、捜査一課の刑事・落合昌夫(竹野内 豊)らが事件解決に向けた極秘捜査を進めるなか、台東区で爆発が起こった。爆発現場は暴力団『大羽会』の事務所。しかも事件発生時、現場から逃げた人間の中に、連続爆破事件の容疑者の一人である貧しき東大生・島崎国男(松山ケンイチ)と秋田出身のスリ常習犯・村田留吉(笹野高史)がいたというのだ! 落合らは『大羽会』と島崎の接点を掴むため、聞き込みを敢行。すると“衝撃の事実”が浮かび上がり……! 一方、落合の妹・有美(黒木メイサ)は、島崎のもとを訪問。島崎と行動を共にし始める。

 そんなある日、国に8千万円の身代金を要求したものの、受け取りに失敗したばかりの犯人から、新たな脅迫状が届いた。犯人からの要求は2つ。改めて8千万円を用意すること、同封の声明文を『中央TVニュース』で落合が読み上げることだった! やがて、犯人を捕まえることのできないまま、東京オリンピック開会式の日がやって来た。昭和39年10月10日、国立競技場を大観衆が埋め尽くし、押し寄せる市民の波と熱気で明治公園内が沸くなか、落合は身代金を持って神宮プールに駆けつける。やがて、落合の目が島崎の姿をとらえた! 遂に対峙する落合と島崎。その時、島崎が取った恐るべき行動とは…!? 落合刑事は、7万人の観衆の中で東京オリンピックを守ることができるのか!?
[PR]
by noho_hon2 | 2013-12-02 11:25 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/21401533
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 陰日向に咲く ミュージックステーション 超豪... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
櫻子さんの足下には死体が..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第16回..
from 平成エンタメ研究所
ボク、運命の人です 第2..
from 平成エンタメ研究所
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
マッサージ探偵ジョー TOP
from ドラマハンティングP2G
孤独のグルメ Seaso..
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)