2013 FNS歌謡祭
e0080345_11302397.jpgオープニング。SMAPの懐かしソング。キムタクが、歌詞の1部をかえて、このお祭り企画の「お・も・て・な・し」感を伝えてたのが、気が効いてて、サスガ!でした。

長くスターとして輝き続けてる方は、こういう「ちょっとしたセンス」が違うんですね。

目玉でもあった、華原朋美と小室哲哉のコラボは想像以上に味わい深かったです。

やはり、あの初期の名作は、彼女の魅力を最大限に理解してますよね。同時に、朋ちゃんは、小室ソングを引き出した、ミューズでもあったんだなぁ、と再確認。ハモってた小室さんに優しさを感じました。ご挨拶、彼女なりのケジメ、でもあったのかな?

しかし、その余韻に挑戦するかのような、三谷幸喜の「演劇風に、メロディ無視で吠えるAKBソング」パワフルでしたね~~っ

「うつろいやすい音程(!)」の壇蜜と同じぐらい、大きなインパクト (^ー^*)

スケバン刑事・三人娘が、揃って出てきたのも、やはり80年代リバイバル・ブームの影響なのかな?

それにしても、薬師丸ひろ子は別格感。聞き惚れました。

昨今の「大勢でパワフルに歌う」勢い・命!のアイドルとは、また違った趣がありますね。

コラボは、どれも工夫が感じられ、楽しかったです。
好みは分かれそうですが、「舟唄」の、ロック・アレンジは斬新でした。

長く頑張ってる実力派と、今が旬で勢いある方の組み合わせには、また違った味わいが。

この何年か、飛ぶ鳥を落とす勢いの嵐は、やはり、「…なるほどなぁ」と感じました。歌も踊りも迫力!ですよね。瞬間最高視聴率を記録したのも、納得でした。

まさに、お祭り企画に満足。

[PR]
by noho_hon2 | 2013-12-05 11:31 | テレビ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/21414302
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 宴の痕 at 2013-12-16 21:37
タイトル : FNS歌謡祭2013
今年は流石にキレてます。 コラボってったって、なんか堂本兄弟でやってるような観たことあるようなコラボが何本もある中で、その番組をやってる張本人らはいつもの内輪コラボで1 ...... more
<< 中川隆司写真展「america... 大奥~永遠~ 右衛門佐・綱吉篇 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)