プロデュース“された”経験、ありますか?
e0080345_9105788.jpg思えば、そのハシリは小室ファミリーだったのかもしれないけれど…

つんくが、何年か前、モー娘。の演出裏話を軽妙に語った「LOVE論―あなたのいいトコ探します」が大いに売れて(読んでて、面白かった。好き)

そういう素材をベースになった本がベストセラーになり、ドラマ化もされて… ですが

逆の立場が経験ある方、います?

じつは学生時代のある時期。偶然、この方面に大変、才覚をもつ先輩と、偶然の再開が縁で交流が生まれたことあるんですよ。その抜群のセンス。もしも彼女が都会の住人で、その気になったとしたら、スタイリストも夢じゃななかったかもなぁ…

という訳で、当時の私の格好が、あ~まりにもヒドかったこともあり、開口1番。
「ねぇ… やっぱ、オンナ捨てちゃダメだと思う…」と、しみじみ。

なんともサエない、ドドメ色・カジュアルを着た娘をみて、急に張り切ることしきり。
冗談から駒で、なにを思ったか派手カラーのキャピキャピ服を着せられ、寝癖髪もブロウ。その手の変身番組も真っ青!な経験したことあるのでした。

彼女にはカリスマがあり、シモベ達を総動因させて(!)、その成果をみるべく、放り込まされた先は、な、なんと、次の授業の大講義室。(専攻の関係で、男性だらけ)

そこに「そ~れっ!」
しかも「(脱走しないよう)見張っていなさいぃぃ!」「ハッ、おまかせを…」

結果。本来、私は、出たがりぃで好奇心旺盛であるはずなのに… そのいまだかつてない経験。視線光線の嵐に、5分で、めまいがして、10分後には頭痛くなり、30分後には息もたえだえ。「勘弁してください。お代官様ぁ… ひくひく」となったのでありました。

いつもと極度に違うキャラを演じ、風向きが変わりすぎると、たとえウケたとしても、場合によっては生理的にダメダメな場合もある、格好の例ですね。

今回の「野ブタ。をプロデュース」。野ブタ、こと信子が「…い、いつもの自分に戻したい…」と抵抗感を訴えたキモチ、すごく分かる気がしました。

また、たとえ、望んではじめた職業で、オシゴト順調でも、はからずして身体をこわしちゃうケースもあるの、理解できる気がします。これって、経験しなきゃワカラナイことだわ。

でも意外な、自らの一面と「身の程を知った」いい体験でありました

場合によっては「んなバカな!」も、己の限界が把握できる、格好のチャンス?!
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-13 09:17 | テレビ | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2173918
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ぽいぽいぽぽいぽい・⌒ .. at 2005-12-13 14:41
タイトル : 野ブタ。をプロデュース☆第9話
もう物語も大詰め☆☆ 少し寂しく思った野ブタ。をプロデュース第9話(=゚ω゚)ノ 今回のタイトルは【別れても友達】 タイトルもちょっぴり寂しめですね(´・ω・`) いつも通り箇条書き+αで感想書きました。 ... more
Tracked from 混沌と勇気日記。~儚き地.. at 2005-12-13 16:53
タイトル : 「野ブタ。をプロデュース」第九話 ~堕天使少女は言ふ、汝..
今回は山Pの画像って事で・・。 本当は戸田恵梨香さんの画像載せたかったんだけど・・・肝心のやつが無くてね・・。 ハイ、野ブタをプロデュース、セミファイナル感想です。 急に野ブタをプロデュースする計画に参加することになる蒼井ちゃん。 蒼井ちゃんの無理な計画にどんどん振り回されていく2人。 果たしてどうなる?... more
Commented by 真花 at 2005-12-13 10:47 x
プロデュースされたこと、ありますよ~。舞台メイクしている人から「ちょっといじらせて」と言われ、宝塚ばりの美男子にされたことが(爆)。そのまま京都のライブハウスかなんかに連れて行かれ、お姉様方にさんざ弄ばれました。あの経験は強烈すぎて、今も忘れられません。
Commented by asagi1201 at 2005-12-13 11:25
思えば新人タレントさんたちがプロデューサーの手腕によって
どんどんあかぬけていくのを見るのって、楽しいですよね♪
私は、着物の着付けを頼んだ美容師さんに、
とんでもない髪型にされて実家の母に大笑いされた事がトラウマになっていて、
それ以来、洋服やメイクを人に任せることができません。
テレビの変身コーナーや亭主改造なんかも、
その時だけは変身するけど、きっとその後はもとの姿に戻っていると
思うんですけどねぇ…。
Commented by noho_hon2 at 2005-12-13 18:24
な、なんと、舞台メイク? 宝塚ばり? それ、ちょっと見たかったような…>真花さん。でも、いいないいな、京都のライブハウスとは。その経験、超・羨ましいっ!
Commented by noho_hon2 at 2005-12-13 18:29
本当に、めきめきとあかぬけていく子達を見ると、本当に楽しいですよね。逆に、初々しい時代の映像をみると、あまりの別人ぶりにビックリしてしまうほど>asagi1201さん

分かります分かります、非日常な場へのスタイリングで「……」となってしまうこと。だから、いまだに結婚式の記念写真は(昔センスで白塗りオバケにされてしまい)トホホのあまり見られないのでした。

変身や改造コーナーの「その後」が「もとに戻る」説には私も1評っ!
<< 小さな街の灯 交響詩篇エウレカセブン >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)