孤独のグルメ Season4「東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ」
e0080345_08543773.jpgまずは、「孤独のグルメ」のゴローさんに再び会えて、無条件に嬉しい私です。

はなから、顧客のメガネ屋店主に、サングラスをかけさせられ、怖くなったり、お茶目エピソード (^m^)

それにしても、みゆき食堂の壁面。膨大なメニュー:短冊数の壮観さときたら…

迷うゴローさんと、次のお客さんが、同じポーズしてた遊び心も笑えました。

ゲストのふせりえさんも、テキパキと、いい仕事してます。

ソーラーメン、美味しそう。

「ジャンボ餃子、ジャンボというより、ぽっちゃり」とか、出ようとしたら、お隣さんの注文「スパゲティー田舎」に「もう、早くいってよぉ…」とか、モノローグも、ひょうひょうと可笑しすぎ。

やはり、ここまで美味しそうに幸福そうに食べるのは、ある種の芸だなぁ…

ラストのおまけ「ふらっとQUSUMI」コーナーも健在で、(^0^*)

この番組は、ぐりぐり二重丸に、視聴決定!です。楽しみ楽しみ

    (ストーリー)

 東京・清瀬にやって来た五郎(松重豊)は、商談相手の大橋(志賀廣太郎)に連絡を取る。待ち合わせに指定されたのは麻雀店で、五郎は戸惑いつつも、店内の対局の動向に一喜一憂する。その後、大橋のメガネサロンでサングラスの試着をするが、勧めた大橋が怖がるほどのこわもてに。商談を終え、 五郎は空腹を満たすべく商店街へ。ある食堂の店構えにひかれ、中へ入ると、選びきれない程のメニューが壁一面にあって…。
[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-10 08:42 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22187670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-07-10 08:55
タイトル : 孤独のグルメSeason4 (第1話・7/9) 感想
テレビ東京系『孤独のグルメSeason4』(公式) 第1話『東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ』ラテ欄『清瀬の最強大衆食堂!もやしと肉ピリ辛炒め味噌ニンニク青唐辛子夜食旋風ついに上陸!!』の感想。 東京・清瀬にやって来た五郎(松重豊)は、商談相手の大橋(志賀廣太郎)に連絡を取る。待ち合わせに指定されたのは麻雀店で、五郎は戸惑いつつも、店内の対局の動向に一喜一憂する。そ...... more
Tracked from 世事熟視〜コソダチP at 2014-07-10 11:28
タイトル : 孤独のグルメSeason4 第1話★味噌にんにく唐辛子入..
孤独のグルメSeason4 第1話 「東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ」 忘れるといけないから先に書くけど、このドラマはBGMが良い。 相変わらず素朴で懐かしいBGM。雰囲気が良い。 −◆− さて今回は東京都清瀬市の定食屋「みゆき食道」 かけらもオシャレではなくて、ひたすら庶民的なのがこの店の長所。 店に入った井之頭五郎(松重豊)は<広い!この店やはりただものではないぞ> 壁一面のメニューを見つめ<この押し寄せるような品数はどうだ?表のメニューなんて氷山の一角だ>...... more
Tracked from 帰ってきた二次元に愛をこ.. at 2014-07-10 21:00
タイトル : (新)孤独のグルメSeason4 第1話 感想
「もう焼き始めてるよ」 真夜中の最強食事テロ番組が帰って来ましたよ!!!! 第1話 東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ 公式HPよりあらすじ 五郎は西武池袋線の清瀬駅に降り立った。商店街に入ると、さっそく焼鳥を焼いている音に気づき振り返る。「・・な~んかいいんじゃないの・・」その時大橋幸三(志賀廣太郎)から電話があり、待ち合わせ場所がなぜか雀荘にかわる。看板に...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2014-07-10 21:17
タイトル : 孤独のグルメ Season4 第1話
第1話 2014.7.9放送「東京都清瀬市のもやしと肉のピリ辛イタメ」 ラテ欄「清瀬の最強大衆食堂!もやしと肉ピリ辛炒め味噌ニンニク青唐辛子夜食旋風ついに上陸!!」 五郎は西武池袋線の清瀬駅に降り立った。商店街に入ると、さっそく焼鳥を焼いている音に気づき振り…... more
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2014-07-14 03:29
タイトル : 若者たち2014第1話 & 孤独のグルメ4第1話(7.9)
・若者たち2014第1話(7.9) 東京の下町で貧しく暮す兄弟たちの葛藤を描く作品 第1話を観ましたが、リタイアです。 面白かった方、ごめんなさい。 『若者たち』というタイトルが古めかしいと思ったのですが、 1966年に制作された作品のリメイク版だったらしい そしてタイトルだけでなく、内容や雰囲気も古めかしかった。 恋人がキャバ嬢だったとか不倫とか現代に通じるものもあったのだけど、 全体的なテイストが時代錯誤としか感じられなかったな 松本清張原作のドラマとか今も制作されますが (先日テレ東で放映された...... more
<< 台風接近中。雨戸を閉め、虫よけ... 若者たち2014「理屈じゃねえ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ2 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
重要参考人探偵 (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #02
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第2..
from ディレクターの目線blog@..
ユニバーサル広告社~あな..
from ディレクターの目線blog@..
ブラックリベンジ (第3..
from ディレクターの目線blog@..
金曜ナイトドラマ『重要参..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)