モスラ対ゴジラ
e0080345_11163759.jpg公開は、1964年(昭和39年)ゴジラ生誕10周年記念作品なのだそう

半世紀前に作られた作品なのに、なぜ、今も高い人気を誇り、愛されてるのか、分かる気がしました。

とにかく、特技監督、円谷英二の才能が光ってます。

当時の技術で、この迫力!

「こんな怪獣映画を見てみたい」情熱がひしひし伝わってくる気がしました。

東宝のドル箱二大スターになったのも、納得です。

尻尾から出てきたゴジラは、名古屋の鉄塔を壊し、名古屋城を破壊し、送電線前で自衛隊やモスラの親と対戦し… ゴジラも渾身の、ずっしりとした動きでリアルです。

とにかく、破壊を尽くし、瀕死の親モスラをいたぶり、子モスラに復讐され、最後のあがきに至るまで、ひたすら凶暴のかぎり

細かい突っ込みどころは満載ながら、金儲けのため、モスラの卵と、双子の妖精を博覧会の目玉にして、お金を稼ごうとする人間あり、風刺も効いてます。

華を添える、星由里子って、気のせいか、北川景子似の美貌ですね。

クレジットに、藤田進(たしか、黒澤映画「姿三四郎」の方… ですよね)の名前があって、びっくり

あまりにも有名な「モスラ~やっ、モスラ~♪」
愛らしい、ザ・ピーナッツの歌う歌声も、なかなか味だったのでした。

個人的には、モスラの幼虫に「王様のレストラン」の西村雅彦を連想してしまう私、です (^^)ゞ

人気作を見られて、大いに満足

    (ストーリー)

大型台風8号のが去った後、静之浦に巨大な卵が出現する。モスラの卵であり、卵の所有権を主張する悪徳興行主に小美人は「卵を返してください!」と懇願するが受け入れられない。一方高潮の被害を受けた倉田浜の干拓地からゴジラが出現、静之浦に向かう。そこにモスラが飛来するが、ゴジラの放射能熱線で傷つき、卵の上で息絶えてしまう…。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-07-22 11:31 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22222621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ペテロの葬列「バスジャックの謎... アオイホノオ「長き戦いのはじまり」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)