信長のシェフ Season2「信長がシェフ追放!!ご当地グルメで信玄を死から甦らせた!?」
e0080345_16354179.jpg武田信玄の囚われの身になった、ケン(玉森裕太)と夏(志田未来)だけど、

思わず「チャングムかっ!」に、武田信玄の身体に配慮しつつ、美味なるものを作り続ける、シャフとしてブレない心意気が素敵♪

また、思いがけず、夏が、信玄ジュニアに好かれたり… 意外な展開も

史実をもっとよく知ってたら、なお一層楽しめるのになぁ… と、思いつつ、楽しんでるのでした。

   (ストーリー)

 武田信玄(高嶋政伸)に捕らわれたケン(玉森裕太)は、信玄にその腕を買われ料理人として仕えるよう命じられる。

 ケンの状況を知った信長(及川光博)も、ケンを助け出そうとはせず、ただ「死」という言葉のみを楓(芦名星)に伝えさせ、朝倉・浅井軍との戦闘を続けていた。ケンの動きを見張る楓は、隙を見て信玄に毒を盛り、殺害するよう告げるが…?

 ケンの料理によって、徐々に体調を回復していく信玄。そんな中、信玄の息子・勝頼(賀来賢人)に見初められた夏(志田未来)は、侍女として勝頼の屋敷で身の回りの世話をすることに…。

 このままでは夏と離ればなれになってしまうケン。信長からは餞別の包丁まで届いてしまい、ますますケンの心は混乱していく。そしてついに信玄が京へ向かうことを決意し、ケンに帯同するよう命じる! 信長と信玄は、ケンの目の前で戦うことになってしまうのか!?


[PR]
by noho_hon2 | 2014-08-01 16:36 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22252689
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-08-01 17:01
タイトル : 信長のシェフ[2] (第4話・7/31) 感想
テレビ朝日系『信長のシェフ』(公式) 第4話『信長がシェフ追放!!ご当地グルメで信玄を死から甦らせた!?』の感想。 なお、原作:西村ミツル氏、作画:梶川卓郎氏による原作漫画は未読。また、テレビドラマ第1シリーズ(2013)は鑑賞済み。 ケン(玉森裕太)が信玄(高嶋政伸)の料理人になったと楓(芦名星)から聞いた信長(及川光博)は、気にせず浅井・朝倉連合軍との戦いへ。そのこ...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2014-08-01 18:29
タイトル : 信長のシェフ(2)第4話
『平成の料理人が武田信玄を毒殺!?』 「信長がシェフ追放!!ご当地グルメで信玄を死から甦らせた!?」 内容 信玄(高嶋政伸)に捕らわれたケン(玉森裕太)は、 自らの料理人となるよう命じられる。 その一報を楓(芦名星)から聞くことになった信長(及川光博)た...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2014-08-01 23:39
タイトル : 信長のシェフ Season2 第4話
2014年7月31日放送 第4話「信長がシェフ追放!!ご当地グルメで信玄を死から甦らせた!?」  武田信玄(高嶋政伸)に捕らわれたケン(玉森裕太)は、信玄にその腕を買われ料理人として仕えるよう命じられる。  ケンの状況を知った信長(及川光博)も、ケンを助け出そ…... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2014-08-02 13:02
タイトル : 信長のシェフ2 第4話
信玄(高嶋政伸)に捕らわれたケン(玉森裕太)は、その腕を買われて料理人として仕えるように命じられます。 ケンの状況を知った信長(及川光博)は助け出そうともせずに、楓(芦名星)に「死」という言葉だけをケンに伝えさせて、朝倉・浅井軍と戦闘を続けていました。 一方、夏(志田未来)は信玄の息子・勝頼(賀来賢人)に見初められて、侍女として勝頼の屋敷で身の回りの世話をすることになってしまいま...... more
<< 薄桜記(1959年) つばめグリル >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ボク、運命の人です 第2..
from 平成エンタメ研究所
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
マッサージ探偵ジョー TOP
from ドラマハンティングP2G
孤独のグルメ Seaso..
from ドラマハンティングP2G
犯罪症候群 Season..
from ドラマハンティングP2G
4号警備 (第3話・20..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)