沈輝写真展「棚田の民」
銀座ニコンサロンで、沈輝写真展「棚田の民」を鑑賞

被写体になった、加車村は中国貴州省の南端に位置する人口1500人ほどの苗族の集落で、从(従)江県加榜郷の中心で、今も伝統の棚田農業が残る数少ない場所だそう

同じ田んぼなのに、日本とは、地形や習慣の違い、微妙に差があるなぁ、って部分と、久々に、人物の入った写真を見て心癒されました。

学校では音楽を学んだプロフィールも興味深く感じました。たしかに、リズムが感じられます。沈輝さん、男性か女性か、夫婦で意見が分かれた次第(私は女性と思い込んで観たので) (^^;)
e0080345_09140169.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2014-08-04 09:14 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22260297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 劇場版 HUNTER×HUNT... 金田一少年の事件簿N(neo)... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
きみが心に棲みついた #01
from ぐ~たらにっき
海月姫 第1話
from レベル999のFC2部屋
FINAL CUT 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた 第1話
from ぷち丸くんの日常日記
きみが心に棲みついた (..
from ディレクターの目線blog@..
FINAL CUT (第..
from ディレクターの目線blog@..
海月姫 #01
from ぐ~たらにっき
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
初めての肩こり?
at 2018-01-17 16:52
エラゴン 遺志を継ぐ者 (2..
at 2018-01-17 15:39
賭ケグルイ
at 2018-01-17 08:23
きみが心に棲みついた 「冬の..
at 2018-01-17 08:16
FINAL CUT 「消され..
at 2018-01-17 07:59
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)