菊地一郎写真展「標景 II」
銀座ニコンサロンで、菊地一郎写真展「標景 II」を鑑賞

作者はこの20年近く北海道から沖縄までの日本全国を旅してきて、その道中の車窓で被写体探しのアンテナを張り、気になる“モノ”を撮り続けのだそう


「ポツンと、そこにある」ものに心惹かれるのですね、と感じました。


見覚えあるような… と思ったら、偶然、高知の風景で、その偶然に (^m^)

e0080345_16260204.jpg



[PR]
by noho_hon2 | 2014-08-23 16:27 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22314308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 家族狩り「犯人の罠」 同窓生~人は、三度、恋をする~... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ツバキ文具店 〜鎌倉代..
from トリ猫家族
リバース 第3話
from ドラマハンティングP2G
女囚セブン 第2話
from ドラマハンティングP2G
ツバキ文具店〜鎌倉代書屋..
from ドラマハンティングP2G
リバース 第3話
from MAGI☆の日記
リバース 第3話
from ぷち丸くんの日常日記
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)