恋する惑星
e0080345_15530363.jpgもう、公開から20年になるのですね。

初めて見た時、映像のスタイリッシュさや音楽、台詞、登場人物の行動の不思議さに圧倒されて… 香港映画の認識が変わりました。

でも、とても心惹かれる作品だった記憶あります。

金城武も、とても素敵だったし「恋に賞味期限がある」って発想自体、いいなぁ… 終わり方も不思議でした。

また、2話目のフェイ(フェイ・ウォン)の行動、ほとんど犯罪すれすれ、なんだけど、なんか可愛いですよね。そんな生命力というか、パワフルさが光ります。

それに、天下の美男子、トニー・レオンの下着姿は、すごいインパクトで、部屋の変化に、普通は気味悪がるところだけど、逐一「おまえ、痩せたなぁ」とか、脳天気に話しかけるオトボケでユーモラスなディテールも微笑ましかったです。

ひとつには、この作品の魅力のひとつは、撮影のクリストファー・ドイルでもありますよね。

時折、ふと見たくなる作品、なのでした。

    (ストーリー)

刑事223号(金城武)は金髪・サングラスの女(ブリジット・リン)と出会って恋をした。刑事633号(トニー・レオン)は、店員のフェイ(フェイ・ウォン)と出会うが、フェイの行動は常軌を逸していた。。2つの恋物語が交錯するストーリー。元祖不思議少女フェイの存在感が光る。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-09-21 15:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22406032
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 天使の涙 グラン・トリノ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
民衆の敵~世の中、おかし..
from レベル999のgoo部屋
民衆の敵~世の中、おかし..
from ぷち丸くんの日常日記
民衆の敵~世の中、おかし..
from ディレクターの目線blog@..
デスノート Light ..
from だらだら無気力ブログ!
デスノート Light ..
from 西京極 紫の館
陸王 第5話
from MAGI☆の日記
おんな城主直虎 第46回..
from 事務職員へのこの1冊
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)