天使の涙
e0080345_08063384.jpg「恋する惑星」より、難解ですが、もはや映像詩と呼びたいようなエピソードの数々は、「恋する惑星」から派生した、というか、イメジネーションを膨らませた諸々…

クチが不自由で、ちょっと頭が軽く、エキセントリックな行動を繰り返すけれど、純粋で憎めないモウ役に、若かりし頃の金城武、比類なくハマってました。

「愛していると言ってくれ」じゃないけれど、言葉に頼らないと、逆に、ボディランゲージが豊か、というか、心が雄弁になるのかな?

刹那で危険な仕事をし、その分、密かに絆を渇望する美貌のエージェント(ミシェル・リー)も、インパクト。

モウと父親のやりとりも、なんか胸キュンだったのでした。

散らばった印象的なエピソードの数々を、つなぐ、スタイリッシュな、クリストファー・ドイルの映像と音楽… これまた、時折見たくなる、好きな作品です。

    (解説)

 顔も知らないエージェントに惚れられ、殺し屋は2人の関係に“期限”が近づいたことを知る。そして、殺し屋に恋をしたもう一人の女。一方、失恋した女は、前の恋を忘れるまでの“期限”つきで、口のきけない男と付き合う……。香港を舞台に、5人の男女の物語が交錯する。本来、「恋する惑星」の第三話として予定されていた物語で、スタイリッシュな映像と音楽センスは健在。香港のみならず日本でもロングランを記録した。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-09-22 08:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22407974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< HERO(2014)最終回「前... 恋する惑星 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ハロー張りネズミ (第6..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)