ギルバート・グレイプ
e0080345_08285892.jpg実は「原作がある」と知らなかったので、「へ~っ」と驚いてしまいました。もう隅から隅まで、ラッセ・ハルストレム監督ワールド、ですもんね。

何度も見てる作品だけど(「のほほん日和」時代のレビューは、こちら)、今見ると、より、いっそう感慨深いものが…

だって、今や、ミスター・ダンディなおふたり…

ジョニー・デップが、役柄上、どんよりしてるけれど、美しい青年で、ディカプリオの知的障害をもつ少年ぶりが、あまりにも自然で、その演技たるや、ほとんど神がかってます!

いつも顔を汚してる、あどけない顔と、か細い身体に、それだけでジーーン。

アカデミー賞にノミネートされたのも、納得です

それに、ジュリエット・ルイスのチャーミングさも素敵で… なんともやりきれない、重い設定なんだけど、温かいまなざしと、映像、音楽が美しいです。

押しつぶされそうな現実の中で、偶然、トレーラーの故障で出会った、旅する少女、ベッキーの自由さと、溌剌感に影響されて、変わっていくのが、感動的。

特に、ギルバートが、初めて家を遠くから見て「あんなに小さかったんだ」と感動する場面や、ベッキーとの会話の中で、喜怒哀楽がなく、心が死んでいたみたいな父親に、いつしか似てきたことに気がつくシーンに、胸にしみます。

すごく他愛無いディテールなんだけど、弟がはしゃぎすぎてダメに成った、誕生日ケーキの代わりを、ギルバートがスーパーに買いに行くシーン。「グレイプですが、ケーキを…」みたく言うユーモラスさに、思わず、ぷぷぷ…

ラストが爽快なのも、ヨカッタです。大スターになる前、こういう作品に出演出来てヨカッタなぁ、と感じたのでした。

     (ストーリー)

「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のL・ハルストレム監督による青春映画。アイオワ州エンドーラ。生まれてから24年、この退屈な町を出たことがない青年ギルバートは、知的障害を持つ弟アーニー、過食症を病む250kgの母親、2人の姉妹の面倒を見ている。毎日を生きるだけで精一杯のギルバートの前に、ある日トレーラー・ハウスで祖母と旅を続ける少女ベッキーが現れる。ベッキーの出現によりギルバートの疲弊した心にも少しずつ変化が起こっていく……。
[PR]
by noho_hon2 | 2014-09-26 08:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22420018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 若杉憲司写真展「襖フォトグラフ... 昼顔~平日午後3時の恋人たち~... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)