アルゼンチンババア
e0080345_08014979.jpg人気作家よしもとばななの同名小説を映画化

役所広司、堀北真希 、鈴木京香 、森下愛子、岸部一徳と、なまじ、キャスティングが豪華ななせいか、巷の評判的には、ずいぶん、酷評されてましたが、

私は逆に、妻の死を受け入れられず、逃避して、奇妙な女性のもとに転がり込む父親、悟(役所広司) (しかも、子供まで作ってしまう)

後ろから見たら、まるで浮浪者のような格好で、頭はぼさぼさ白髪・でも、メイクはバッチリで、不思議な美しさと存在感のアルゼンチンババア(鈴木京香)が、こんな役柄、初めて見たなぁ… と、妙に新鮮で、インパクト

よく、オファーを受けたなぁ、役者魂だなぁ、と、そういう意味で感心 (^^;)ゞ

娘のみつこ(堀北真希)のセーラー服姿は可愛かったです。

でも、多くの人が指摘してたよう、パン職人を目指すほど、パン作りが大好きなら、猫を台所に入れるのは不衛生だったかな?

アルゼンチンババアの住まいは、エキゾチックな建物。

だけど、子供の悪戯とはいえ、ロケット花火で家を火事にするのは、ちょっと酷い気がしました。

みつことアルゼンチンババアのダンスシーンは、不思議な魅力があった気がして。

お母さんの大好きだったイルカの形をしたお墓(墓石彫りのお父さんが作った)が水の底に沈んでしまうのは、偶然とはいえ、感動的でした。

基本、家族を失った悲しみからの再生物語だけに、

最後、身ごもって、出産の肥立ちが悪く、呆気無くアルゼンチンババアが死んでしまう時は、ちゃんと、お葬式をあげられる勇気がでて、成長を感じました。

随所に光る物があった分、「惜しい!」気がしました。

機会があれば原作を読んでみたい気がしたのでした。

    (あらすじ)

最愛の妻が死んだ日、毎日病院に通っていた石彫り職人の悟(役所広司)は姿を消してしまう。娘のみつこ(堀北真希)は叔母や従兄弟に助けられながら、父の帰りを健気に待っていた。半年後、悟は変わり者と評判の女性アルゼンチンババア(鈴木京香)の屋敷で発見される。みつこは勇気を奮って父親奪還に向かうが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-10-16 08:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22477481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ディア・シスター「世界一愛され... きょうは会社休みます。「30才... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
フランケンシュタインの恋
from Akira's VOICE
おんな城主直虎 第25話..
from 平成エンタメ研究所
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
蜜のあわれ  監督/石井..
from 西京極 紫の館
MONSTERZ モンス..
from 西京極 紫の館
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)