女はそれを許さない「痴漢されたOL…逆慰謝料2000万のワナ」
e0080345_15224317.jpg周防正行の「それでもボクはやってない」も、痴漢問題の現実に斬りこむ意欲作でしたが、この回は、痴漢問題を巡る様々なケース。

各方面よりの問題提示と言えるでしょうか?

最後の最後まで、ボリュームたっぷりに感じましたが、オハナシ自体は面白かったです。

ただ、過去のトラウマを抱えて奮闘する、ヒロイン・深キョンの成長モノでもあり、のちのタメだとは思うものの、未だ、どよよんとしてるのが、やや寂しく感じたのでした。

早く彼女の溌剌とした笑顔が見られますよう…

    (ストーリー)

岩崎麗(深田恭子)は、自転車同士の衝突事故を起こした大学生の桑田トオル(小林ユウキチ)の相談を受ける。もう一方の当事者は会社を経営する大原雄二(多田木亮佑)だ。双方とも相手の信号無視が原因だと主張するが、大原は事故のため通院が長引き、契約も逃してしまったと強調し、トオルに多額の損害賠償を求めていた。麗と滝口泰輔(溝端淳平)は現場を訪れ、事故の状況を確認する。麗はトオルの言い分を信じているが…。

一方、忠守法律事務所には水野早苗(小林涼子)という女性が、母親を伴い訪ねてきていた。早苗は通勤途中の電車で痴漢に遭い、刑事裁判で争ったが、被告の佐々木利幸(岡部たかし)の無実を証言する目撃者が現われたため、佐々木は無罪になったという。

さらに佐々木は、裁判のために仕事を解雇されたことと、妻と離婚したことを理由に、早苗を相手に民事裁判を起こすというのだ。相談を聞いてもあまり乗り気ではない凛香(寺島しのぶ)だが、佐々木の代理人をセイント法律事務所が担当することを知り、撤退的に戦うと宣言する。佐々木の父親がセイントの上客だったことから、セイント側は工藤誠治(吉沢悠)を葛城雄二(加藤雅也)がサポートするという万全の弁護体制だ。

刑事と民事では争点が違うため、双方にとって難しい案件といえるが、セイントで行われた最初の交渉にかつての凛香の上司・児玉義勝(竹中直人)が顔を出し牽制してくる。

麗と凛香は、以前から佐々木の勤務態度が会社で問題になっていたこと、妻とはすでに別居状態だったことも指摘する。これに対し、工藤は早苗の通勤時刻に辻褄が会わないことがあるとして、痴漢詐欺ではないかと鋭く反論する。この矛盾について早苗は硬く口を閉ざすのだが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-11-05 15:19 | ドラマ | Trackback(5) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22543712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2014-11-05 16:57
タイトル : 女はそれを許さない 第3話
第3話「痴漢されたOL…逆慰謝料2000万のワナ」2014年11月4日放送 岩崎麗(深田恭子)は、自転車同士の衝突事故を起こした大学生の桑田トオル(小林ユウキチ)の相談を受ける。もう一方の当事者は会社を経営する大原雄二(多田木亮佑)だ。双方とも相手の信号無視が原因…... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-11-05 17:28
タイトル : 女はそれを許さない (第3話・11/4) 感想
TBS系『女はそれを許さない』(公式) 第3話『痴漢されたOL…逆慰謝料2000万のワナ』の感想。 痴漢被害に遭ったOLの早苗(小林涼子)が、加害者の佐々木(岡部たかし)は無罪となり、逆に損害賠償を要求されたと相談に訪れた。別件を抱える麗(深田恭子)は、凛香(寺島しのぶ)からこの案件を優先するよう促される。佐々木の代理人は凛香の古巣の後輩・工藤(吉沢悠)だったのだ。凛香は...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2014-11-05 17:55
タイトル : 女はそれを許さない 第3話
「痴漢されたOL…逆慰謝料2000万のワナ」 内容 ある日のこと、自転車同士の衝突事故で、桑田トオル(小林ユウキチ)が 相談にやってくる。50万を請求されたと言うこと。 桑田によると、相手が信号無視をしたという。。 あまりの望外な金額。麗(深田恭子)は、...... more
Tracked from ぐ~たらにっき at 2014-11-05 20:08
タイトル : 女はそれを許さない #03
『痴漢されたOL…逆慰謝料2000万のワナ』... more
Tracked from NelsonTouchB.. at 2014-11-06 02:12
タイトル : 女はそれを許さない三話&きょうは会社休みます。四話感想
■女はそれを許さない三話 なかなかいい感じに面白い。今回は、弁護士として依頼人を信じなきゃいけない気持ちと、疑わなきゃいけない部分の狭間で揺れる葛藤が、うまく話に表現されていた。最後のオチもよかったし。 深田恭子のオドオドぶりがまた際立った話でもあったが、毒づきながらもさりげなくフォローする寺島しのぶとの掛け合いもハマっている。... more
<< 相棒season13「第三の女」 素敵な選TAXI「拾った宝くじ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ「おんな城主 ..
from オールマイティにコメンテート
「後妻業の女」騙された遺..
from オールマイティにコメンテート
「リバース」~最終回 ☆☆
from ドラマでポン
『後妻業の女』 社会的な..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
後妻業の女
from 映画的・絵画的・音楽的
後妻業の女
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
後妻業の女〜ハセキョンが..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)