トト・ザ・ヒーロー
e0080345_15484389.jpg1991年カンヌ国際映画祭 カメラ・ドール(最優秀新人監督賞)、ユース映画賞受賞作品、だったのですね。

初めて観た時、とても印象に残り、好きでした。
ああ、ヨーロッパ映画だなぁ、と実感(ベルギー・フランス・ドイツ合作)

でも、以前は肝心な部分が理解できてなかった分、「なんと、そういうオハナシだったとは」と、懐かしく思い出しつつ、初めてピースが繋がり、ジグソーパズル感覚で嬉しかったです。

(「イヤー・オブ・ドラゴン」のように「完全に自分の中で、勝手に物語を作ってました。びっくり!」ほどではなかったけど、近いものがあった…かも (^^;))

特に、「レオン」のマチルダじゃないけれど、トマの姉、アリスを演じた俳優さんの、この年齢ならではの美しさと小悪魔っぽさを見るだけでも、価値ある… と感じて。

特にラスト近く。前を行く、トラックの中に見た幻想… 大好きな「ブン」を演奏する、今は亡き父と姉の姿が浮かび上がるシーンは泣かせます。

少年時代、青年時代、老年時代。そして、現実と幻想や願望、夢が交錯するので、やや難解だけど、これだけの短い時間に、まとめあげた手腕は凄いです。

それぞれの年代のトマとアルフレッドを、別の俳優さんが演じ、ふたりが愛した、アリスとエブリーヌの、キャスティングが、また何とも見事。

誰しも「もしも…」と夢想することはあるような気がして。

     (ストーリー)

老境を迎えた主人公のトマ(ミシェル・ブーケ)は、自分が産院の火事のどさくさで、向かいの裕福な家庭の子供と取り違えられ、そのため姉のアリスと恋し合えず、幸福な人生を向かいの息子・アルフレッドに全て奪われてきたと思い込み、自分の人生を取り戻しに出発する・・・

[PR]
by noho_hon2 | 2014-11-11 15:50 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22560261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from トリ猫家族 at 2014-11-11 20:53
タイトル : 「トト・ザ・ヒーロー」 1991年 白/仏/独 監 ジャ..
 wowowがTSUTAYAと連携した「発掘良品」というコーナーで見ました。 いつのまにかDVD化されてたのね〜 3回目の視聴です。この映画は見れば見るほど好きになる。 そして劇場で見 ...... more
<< 素敵な選TAXI「女の壮絶心理... 信長協奏曲「指輪に託す想い…戦... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
WALL・E ★★★★★
from TRIVIAL JUNK B..
蜜のあわれ
from 映画的・絵画的・音楽的
【フランケンシュタインの..
from ドラマ@見とり八段
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ソースさんの恋「彼女がソース..
at 2017-06-23 07:45
警視庁・捜査一課長 Seas..
at 2017-06-23 07:41
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)