信長協奏曲「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」
e0080345_08090875.jpg明智光秀(小栗旬・二役)が顔を隠し、家臣に加わったことで、義昭とともにみかどと対面する際の、「お作法」問題も、無事、解決(入れ替わりの術?!)

でも、サブローを副将軍に、との申し出を断り
「(みんなが平和に暮らせる世の中を作りたいので)、天下、獲りま~す」とやっちゃって(軽っ!)、一気に、全国・指名手配の身に

「オニがやってきたぁ」、と城内が騒然となったのは、古田新太、扮する、同じく近年、未来からやってきた、ヤクザのもんもん姿に驚いたのですね。

指名手配になった書状をもって、密告にきた旨
でも、1年の差。「いいとも」が終わったことに驚いてて可笑しかったです。

他にも、サブロー、舞を舞うのはいいけれど「人間、だいたい80年~っ」とやって、周囲から突っ込まれたり、しかも、ヒップホップ風の踊りだったり

前半の、足利義昭の存在も「京へのパスポートなんだ」と納得したり、ディテールが、いちいち笑えたのでした。

しかし、ツネちゃんこと、池田恒興役の向井理、似合ってますね。気のせいか、主役より脇で輝くように感じてしまうのは私だけ?  小栗旬の極端設定の二役ぶりも、なかなかに見事。

苦悩する君主。浅井長政(高橋一生)も似合ってます。

でも、この展開では、三姉妹まで生まれるのでしょうか?

ゆき(夏帆)を使ってサブローの教科書を手に入れたのは、朝倉だったけれど、読めなかったみたいですね。

ラスト。挟み撃ちにあい、「殿だけはお逃げください」とのことで、しんがりを申し出た、木下藤吉郎(山田孝之)だけど、密かに信長を憎んでる設定が斬新。

次回予告では、サブローが撃たれてたけれど、どうなるどうなる? 

    (ストーリー)

サブロー(小栗旬)の居城に明智光秀(小栗旬・二役)が家臣になるとやって来た。光秀は他の家臣たちに信長だと悟られぬよう覆面姿で、彼の手土産は上洛の良案だった。足利義昭(堀部圭亮)を将軍と擁立するという大義名分をもって織田の上洛を朝廷に了承させようと言うのだ。竹中半兵衛(藤木直人)もこの策を認めたため、家臣一同了承。しかし池田恒興(向井理)が問題点を指摘。それは織田の人々が京での作法を知らないこと。さっそくサブローは家臣たちと作法を学ぼうとするが上手くいかない。すると、光秀が妙案を持ちかけた。

京に上った織田勢だが、サブローはのんきに街でお買い物。義昭とともにみかどと対面したのは、覆面を取って信長に戻った光秀だった。思い通りに征夷大将軍をみかどから拝命した義昭は、光秀と再度“信長”を入れ替わったサブローに副将軍を任命する。だがサブローは断り、さらには自分が天下を獲ると宣言した。
京からの帰り道、サブローたちは市(水原希子)が嫁いだ浅井長政(高橋一生)の小谷城に立ち寄ってから自身の城へと帰った。

サブローが帰蝶(柴咲コウ)に京土産を渡していると、家臣たちが鬼が来たと騒ぎだす。サブローがのぞきにいくと、背中に鬼を背負った松永弾正久秀(古田新太)がいた。松永は義昭が信長を討伐するよう全国の大名に布令を出したと教える。サブローは念願の上洛を果たしたものの義昭の怒りを買ってしまったのだ。

[PR]
by noho_hon2 | 2014-11-18 08:13 | ドラマ | Trackback(12) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22578117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-11-18 09:20
タイトル : 信長協奏曲 (第6話・11/17) 感想
フジテレビ系『信長協奏曲』(公式) 第6話『オニが城にやって来た!全国指名手配の書状』の感想。 なお、原作:石井あゆみ『信長協奏曲 (小学館)』とアニメは未読。 覆面をかぶった本物の信長(小栗旬)が光秀の名で家臣に加わり、義昭(堀部圭亮)を擁立しての上洛(じょうらく)を提案。面倒な作法を嫌がるサブロー(小栗=2役)の代わりに光秀が信長として帝との対面を済ませ、義昭が征夷...... more
Tracked from 世事熟視〜コソダチP at 2014-11-18 09:29
タイトル : 信長協奏曲(コンツェルト)第6話★『いいとも!』終わりました
信長協奏曲(コンツェルト)第6話 サブロー(小栗旬)に月代(さかやき)を強く勧める家臣たち。 サブロー「絶対いや!だって、つるつるじゃん!」 森可成(森下能幸)「つるつるは涼しゅうございますぞ。特に夏場は・・」 柴田勝家(高嶋政宏)「やはり、つるつるしかございません。」 サブロー「俺、ずっと黙ってたけど、森りんのその髪型、マジあり得ないと思ってるからね。だいたい森りん以外、誰も月代にしてねえじゃん。みんなだって心の中であり得ないと思ってんだろ・・・。」 一同沈黙。...... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2014-11-18 10:28
タイトル : 信長協奏曲 第6話
サブロー(小栗旬)のところに、明智光秀となった信長(小栗旬)が家臣になるとやって来ます。 光秀は他の家臣たちに信長だとバレないように覆面姿でした。 光秀の手土産は、足利義昭(堀部圭亮)を将軍に擁立するという大義名分を持って、織田の上洛を朝廷に了承させようとする良案でした。 半兵衛(藤木直人)もこの案に賛成したので、家臣一同了承します。 しかし、恒興(向井理)が問題点を...... more
Tracked from ぐ~たらにっき at 2014-11-18 12:30
タイトル : 信長協奏曲 #06
『オニが城にやって来た!全国指名手配の書状』... more
Tracked from 日々“是”精進! ver.F at 2014-11-18 13:34
タイトル : 「信長協奏曲」第6話
挟み撃ち… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411180000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】信長協奏曲 オリジナル・サウンドトラック Produced by ...価格:2,700円(税込、送料込) ... more
Tracked from 美容師は見た… at 2014-11-18 15:15
タイトル : 『信長協奏曲』 第6話
今回は何やかんや笑わせて貰った~♪さかやき騒動も可笑しかったし~(ノ∇≦*)キャハッッッ♪「嫌だ。ぜってぇ嫌! だってつるつるじゃん!」 サブロー「しかしつるつるの方が清潔です」 恒ちゃん「つるつるは涼しゅうございますぞ。 特に夏場は」 森りん「やはりつるつるしかござ... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2014-11-18 17:46
タイトル : 信長協奏曲 第6話
「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」 内容 サブロー(小栗旬)は、家臣達を前に、明智光秀(小栗旬=二役)を紹介。 病のため覆面という説明後、光秀は、十三代将軍義輝の弟・義昭(堀部圭亮)が 自身を将軍に擁立する大名を捜してると告げる。 半兵衛(藤木直...... more
Tracked from オールマイティにコメンテート at 2014-11-18 19:14
タイトル : 「信長協奏曲」歴史に疎い高校生6話せばわかると信じ込むサ..
「信長協奏曲」第6話はサブローは上洛しようとするも上洛するための作法を知らず思い悩むが、ここは家臣とした信長=明智光秀が代役を務めて難を逃れた。しかしその直後義昭との ...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2014-11-18 19:20
タイトル : 信長協奏曲 第6話
第6話「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」11.17 ONAIR サブロー(小栗旬)の居城に明智光秀(小栗旬・二役)が家臣になるとやって来た。光秀は他の家臣たちに信長だと悟られぬよう覆面姿で、彼の手土産は上洛の良案だった。足利義昭(堀部圭亮)を将軍と擁立す…... more
Tracked from ドラマ@見取り八段・実0段 at 2014-11-18 21:06
タイトル : 【 信長協奏曲 】第6話「オニが城にやって来た!全国指名..
殿はわれらの明かりなのです。 夜道を進むとき、明かりがなければ道を見失ってしまうように 殿がいなければわれわれは前には進めませぬ。 だからどうか強くあってください。 さあ、案ずることは何もありませぬ。 殿の後ろには常にわれらが付いております。 信長協奏曲(コンツェルト) 第6話 「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」         古田新...... more
Tracked from ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日.. at 2014-11-18 21:56
タイトル : ドラマ「信長協奏曲」第6話あらすじ感想「オ...
指名手配-------------!?う~ん。今回はなんだか煮え切らない感じで、テンポ悪かった印象だわ(><)鬼登場とかいいながら、メインは後半の長政とお話だったわけで・・・。鬼・松永...... more
Tracked from NelsonTouchB.. at 2014-11-20 04:02
タイトル : 信長協奏曲六話&きょうは会社休みます。六話感想
■信長協奏曲六話 なんか、史実どうりの展開になってきたな(笑)袋の鼠もビードロが入ってること以外同じだし。。 心優しい信長は、基本不戦姿勢で、その一本気な平和理想論だけで味方を増やし、時に(たまに。。)戦いに勝利してきたわけだけど。ついに!最大のピンチを迎えてしまった。戦国の世では、たとえ親しき仲でも、状況によっては敵になってしまうこともある不条理な世界だと思い知る信長。浅井長政の苦悩もちゃんと画面に出てて、なかなか盛り上がりました。 この信長包囲網序盤を、この協奏曲ではどう乗り切り...... more
<< パレード 「孤独のグルメ」が、ガチャに >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
「釣りバカ日誌(2)」~..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)