松本清張 二夜連続ドラマスペシャル・第二夜「霧の旗」
e0080345_14500351.jpg先日、米倉涼子版「黒革の手帖」を見て、松本清張モノに興味。

名前だけは、超・有名ゆえ、「筋だけでも知りたい」と見てみたのですが、やはり、見どころは、清純派・堀北真希の、大胆・七変化だったかな?

(なんと、2度の映画化と今回で9回目のテレビドラマ化なんですってね。これまで倍賞千恵子、山口百恵、大竹しのぶ、といった錚々たる女優が柳田桐子役を)

知的障害を持つものの、心優しい弟と、地元の工場で働きつつ暮らしてた頃(原作では兄だったのを、かなりアレンジした模様)の、うんとカジュアルな、地味ルックから、上京して、キャバ嬢になり、やがて銀座の女になって、妖艶に変貌していく姿を、そのクール・ビューティさで、よく頑張ってた気がしました。

なんと、黒いスリップ姿で奮闘。女優魂です。

特に、目の演技… 序盤の健気で必死なまなざしから、終盤の凍てつく瞳が、印象的…

ラストの墓参りの赤いスーツ姿も映えてました。

でも、椎名桔平、演じるカリスマ弁護士。不倫こそしてたけれど、途中から、懇願された事件に興味。資料を取り寄せたり、誠実なところを見せていて、あらゆる意味で相手と運が悪かったようにも感じられて。

福士誠治、未だ私の中では、のだめのイメージが強いので「わ~~ん、殺されてシマッタ」と、無残な死体姿に、やや嘆きモードだったのでした。

人間のあらゆる業が詰まってる意味で、松本清張モノは、女優として、きわめて「やり甲斐ある」物語なの… かも。

     (ストーリー)

食品加工工場で働きながら、知的障害を持つ弟の正夫(古畑新之)とつつましく暮らしている桐子(堀北真希)。給料日の帰り道、正夫は、偶然、若い男を見送る菊江(濱田マリ)を見てしまい、今のは秘密にと1万円を受け取ってしまう。桐子から見ず知らずの人からお金など、と諭された正夫は、翌日、菊江に返そうと自宅を訪ねるが、そこで菊江の他殺体を発見。容疑者として拘束されてしまった。このままでは正夫は殺人犯になってしまう……。思い詰めた桐子はニュースで見た大塚弁護士(椎名桔平)の活躍を思い出し、一人上京。大塚法律事務所の門を叩くが、愛人の径子(木村佳乃)と旅行に行くという時で、大塚の片腕・田岡(橋爪功)も、遠隔地の事件は報酬も高くなる、といんぎんに断る。結局、「貧乏人は救われんのですね」と桐子は去るが、その事務所の前で大塚の取材でやってきた週刊誌記者の阿部(高橋克実)に自らが置かれた苦境をこぼす。北九州?知的障害のある青年がネットトレーダーの主婦を殺害した、あの事件…。がぜん興味を示した阿部は、何かあったら電話を、と桐子に名刺を手渡す。北九州へ戻った桐子は、国選弁護人の佐々木(でんでん)に証言台に立ちたいと直訴。熱意に気圧された佐々木は、裁判で桐子に証言させたものの、検察官の鋭い質問に曖昧な答えしか出来ず、正夫の立場を悪くしてしまい、結局、正夫は無期懲役に。それでも桐子は、必死に弟を助けようとするが、正夫は獄中で熱中症のため死亡。監房の劣悪な環境が招いた死だった。物言わぬ正夫の亡骸を前に涙も出ない桐子。ある決意を秘めた桐子は上京。キャバクラ「マーメイド」で働き始めた。


[PR]
by noho_hon2 | 2014-12-08 14:52 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22633404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2014-12-08 17:18
タイトル : 松本清張二夜連続ドラマスペシャル 「松本清張~霧の旗」 ..
テレ朝系松本清張 二夜連続ドラマスペシャル 悪女の事件簿・第二夜『霧の旗』(公式) 『無実の弟の弁護を断った弁護士に対する、復讐を描く傑作サスペンス!殺人の汚名を着せられたまま獄中で死亡した弟への悲しみが、1人の女を悪女へと変貌させる!』の感想。 なお、原作小説・松本清張『霧の旗』は未読。但し、過去の映像作品は数作鑑賞済み。 姉弟愛、貧困、冤罪、そして復讐ーー。 松本...... more
Commented by 馬球1964 at 2014-12-09 07:53 x
こんにちは。TB繋がりの馬球1964です。いつもありがとうございます。
今日は映画ではないのですがTVドラマの「霧の旗」の記事がありましたので、やってきました。
このドラマの率直な感想なのですが、正直桐子の行動に感情移入が出来ませんでした。気持ちはわからないでもないのですが、やりすぎ感を感じました。

この作品、当然古い原作なのですが、スマホを登場させたりと現代版に書き換えられているのですが、弟の死が「熱中症」というのも何か「昔」を感じさせ、時代間のギャップがうまく埋っていない気もしました。
Commented by noho_hon2 at 2014-12-09 09:17
馬球1964さん、こんにちわ。

たしかに私も感じました。カリスマ弁護士、椎名桔平、誠実なところも垣間見せていて、決して非情や冷酷には描かれてませんでしたもんね。それだけに、柳田桐子の「やりすぎ感」は同感です。

また、獄中の弟も最初、仲間内の暴力の、当たりどころが悪くて命を落としたのかと思ってただけに、熱中症は意外で…

個人的には、兄を知的障害の弟、とした設定の変更にも、やや違和感覚えました。逆に原作のあらすじを読んで、びっくり

木村佳乃と高橋克実は、かなりハマっていた気がして…

これからも、よろしくお願いします
<< 信長協奏曲「ふたりの信長!!サ... ごめんね青春!「今日大事な人に... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
櫻子さんの足下には死体が..
from ディレクターの目線blog@..
おんな城主直虎 第16回..
from 平成エンタメ研究所
ボク、運命の人です 第2..
from 平成エンタメ研究所
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
あなたのことはそれほど第..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
マッサージ探偵ジョー TOP
from ドラマハンティングP2G
孤独のグルメ Seaso..
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)