本橋成一写真展「炭鉱<ヤマ>」
銀座ニコンサロンで、本橋成一写真展「炭鉱<ヤマ>」を鑑賞作者が炭鉱の写真を撮りに筑豊に行ったのは1965年のこと。

もう50年も前のこと。最初は、課題を渡され、当時、流行ってたものに目をつけて実行したみたいですが、この筑豊行きは、結果的に作者が写真の仕事を始めるきっかけとなり、ライフワークにになった模様

閉山続きで貧しい暮らしの炭鉱街で作者が出会った人たちにも、暮らしがあり、悲しいこと、楽しいことがあり、それを斬りとた断片に昭和の歴史を感じさせました。

まえがきに書かれてた恩人の先生とのエピソードも印象的… 風景に人が加わると、やはり、俄然、生命力や事情がたちのぼり、物語を感じさせますね。
e0080345_18374670.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2015-02-21 18:38 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22824578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ウロボロス~この愛こそ、正義。... 問題のあるレストラン「遂に全員... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第1..
from レベル999のgoo部屋
カンナさーん! 最終話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました 最終..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました #1..
from ぐ~たらにっき
カンナさーん! (第10..
from ディレクターの目線blog@..
僕たちがやりました (第..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)