セカンド・ラブ「同棲スキャンダル!!火花散らして」
さすが、大人のファンタジー。慶(亀梨和也)にとって、あんまりに屈辱的な… と思われた、通訳の仕事が棚ボタ展開に。もともと、彼の役だったのですから、代役には、最も適役ですよね。

いきなり、チャンス到来。

今のところ、恋の障害は、学校への結唯(深田恭子)の不倫騒動と、彼女に執着しすぎる、母・真理子(麻生祐未)かな?

でも、障害ゆえに、恋の炎はメラメラ…なのでありました (^^;)

    (ストーリー)

もはや誰も引き離せないほど強く惹かれ合い、一緒に暮らし始めた慶(亀梨和也)と結唯(深田恭子)。ところが慶のもとには、結唯に依存する母・真理子(麻生祐未)がいきなり押しかけ、ヒステリックに「娘を返して」と食ってかかる。一方、結唯は同僚教師・高柳(生瀬勝久)との不倫関係が生徒たちの間で噂になり、職員室でも問題視される事態に…。愛し合う2人の前に立ちはだかる、さまざまな障壁…。

そんな中、慶はドイツのダンスカンパニーの芸術監督フォルトナーから依頼された、日本公演時の通訳の仕事を始めることに。だが、上演されるのはカンパニー在籍時に慶が主役を務めた演目。しかも、かつての慶のポジションは今や、同じ日本人のダンサー・一之瀬(大貫勇輔)に取って代わられているという、複雑な状況だ。それでも通訳の仕事も新しい何かのきっかけになると信じ、慶は舞台稽古の場へと向かうが…。

その矢先、慶の人生をガラリと変える出来事が発生! 状況が刻一刻と変化する中、慶と結唯、彼らを取り囲む人々の運命は思わぬ方向へと転び始める――。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-03-01 15:41 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22844299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2015-03-01 17:32
タイトル : セカンド・ラブ (第4話・2/27) 感想
テレビ朝日系『セカンド・ラブ』(公式) 第4話『同棲スキャンダル!!火花散らして』の感想。 学校では、結唯(深田恭子)と高柳(生瀬勝久)の不倫の噂が立つ。生徒たちにも動揺が広がるが、高柳は全職員の前で事実無根だと否定し、結唯に名誉を傷つけたと謝る。結唯は慶(亀梨和也)と暮らし始め、幸せをかみしめつつも、自分がこれまでの生活全てを真理子(麻生祐未)に頼っていたことに気付く。...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2015-03-01 18:01
タイトル : セカンド・ラブ 第4話
「同棲スキャンダル!!火花散らして」 内容 一緒に暮らし始めた慶(亀梨和也)と結唯(深田恭子) そんななか、慶の職場に結唯の母・真理子(麻生祐未)が押しかけ、 娘を返してくれと訴えてくる。 一方、結唯は、高柳(生瀬勝久)との関係が噂になり、 職員室で問い正...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2015-03-01 18:12
タイトル : セカンド・ラブ 第4話
2015年2月27日放送 第四話「同棲スキャンダル!!火花散らして」 もはや誰も引き離せないほど強く惹かれ合い、一緒に暮らし始めた慶(亀梨和也)と結唯(深田恭子)。ところが慶のもとには、結唯に依存する母・真理子(麻生祐未)がいきなり押しかけ、ヒステリックに「娘を…... more
Tracked from キッドのブログinココログ at 2015-03-01 20:01
タイトル : 西日だけが入る狭い部屋で(亀梨和也)二人だけが幸せだった..
舞台芸術を見て感動したことのない人に「コンテンポラリーダンス」を説明するのは難しい。 「歌舞伎」や「バレエ」、「シェイクススピア」でも「小劇場」でもいい。 とにかく、目の前で「凄いこと」が起きているという衝撃を受けたことのない人にはわからないことがある。 キッドの場合は寺山修司の舞台で目の前でむきだ... more
<< ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q ... ウロボロス~この愛こそ、正義。... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)