ブリット
e0080345_08142001.jpgスティーブ・マックィーンの華麗な刑事アクション

「デート~恋とはどんなものかしら~」で巧クン・プッシュの作品だった興味から観てみました。

オープニングがかっこよく、スティーブ・マックィーンの渋く、何をしても「絵になる」さまが見どころで、最大のクライマックスは、やはり有名なカーチェイスかな?

ラロ・シフリンの音楽もヨカッタです。(ナポレオン・ソロやスパイ大作戦も担当された方、なんですってね)

サンフランシスコの坂道地形を活かし、スティーブ・マックィーン自らハンドルを握ってる分、迫力満点です。

のちの、カーアクション全般に、ものすごい影響を与えたってのも、分かる気がしたのでした。

ロバート・ヴォーンって、たしか「刑事コロンボ」の常連さん、ですよね

思えば、古沢良太作品の台詞に影響されまくってます。「リーガル・ハイ」の影響で朝ドラ見るようになったし、「デート~恋とはどんなものかしら~」から「男はつらいよ」と、この作品が琴線に触れたし…

でも、こういうきっかけ、ってなかなかにチャンスで、味なの…かも (^ー^*)

     (ストーリー)

サンフランシスコ市警察本部捜査第一課のブリット警部補(スティーブ・マックイーン)は、チャルマース上院議員(ロバート・ヴォーン)から裁判の重要証言者の保護を命じられる。その証言者とは、ジョー・ロスというマフィア組員。ロスは組の金を横領し、組のヒットマンから狙われていた。ブリットは、部下のデルゲッティ部長刑事やスタントン刑事と交代でホテルの一室にてジョー・ロスを保護する。ところが、ロスはスタントン刑事が目を離した隙に部屋のドアを開け、それと同時に部屋に入ってきたヒットマンに射殺されてしまい、スタントン刑事も重傷を負う。スタントン刑事の証言により、ロスがヒットマンと示し合わせたかのようにドアを開けたことを知ったブリットは、事件の裏になにかがあることを感じ取り、ロスが死んだことを報告せず、デルゲッティ部長刑事と捜査を開始する。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-03-09 08:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22864452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< テルマエ・ロマエII 流星ワゴン 「最終章!チュウさ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
フランケンシュタインの恋..
from ぐ~たらにっき
フランケンシュタインの恋
from Akira's VOICE
おんな城主直虎 第25話..
from 平成エンタメ研究所
フランケンシュタインの恋..
from ディレクターの目線blog@..
蜜のあわれ  監督/石井..
from 西京極 紫の館
MONSTERZ モンス..
from 西京極 紫の館
マッサージ探偵ジョー (..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)