畠山直哉写真展「陸前高田 2011-2014」
銀座ニコンサロンで、畠山直哉写真展「陸前高田 2011-2014」 を鑑賞

展示はじめの文章(かなり長い)が、とても心に響きました。

作者は1958年に陸前高田市で生まれ、筑波大学で大辻清司氏に写真を学んだ後、東京で写真家として活動していたが、2011年3月11日に大津波が東北地方を襲ってからは、頻繁に故郷に帰り、日々変わりゆくその姿を写真におさめるようになったのだそう。

今回の「陸前高田 2011-2014」は、その亀裂の後になお続く時間、というものが主題。

被災物が片づけられ、廃墟が取り壊され、大規模な土木工事が始まり、新しい建物が少しずつ出来、と、停止してしまったかに思われていた時間は、実は刻々と動いているさまを記録に。

文章と写真共々、とても、感慨深かったです
e0080345_18095557.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2015-03-28 18:10 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22912578
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 第17回亀倉雄策賞受賞記念 佐... 怪奇恋愛作戦 最終回「最後の恋... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)