はつ恋 再放送
e0080345_17194903.jpg始まりましたね。深夜枠で「はつ恋」再放送

2012年の春ドラマで、なんと、脚本は中園ミホだったとは!

キャッチコピーは「私の命を救えるのはただ一人 世界で一番憎い初恋の人。」

ドラマ10としては、最終回視聴率が11.9%と『セカンドバージン』が記録していた同枠の単回最高視聴率(11.5%)を更新したのにも、感心してしまったのでした。

キャスティングが渋いです。高校時代のヒロイン、村上緑を、橋本愛が演じてたのが印象的…

次第に話題になり、右肩上がりになった視聴率にも興味。
わくわく

第1回「STAY GOLD」

   (ストーリー)

 村上緑(木村佳乃)は優しい年下の夫、潤(青木崇高)と小学校に入学する息子、健太に囲まれ、言語聴覚士として幸せな日々を送っていた。初恋の相手からの裏切りに絶望の淵をさまよった末に手に入れた幸せだったが、ある日肝臓がんを宣告される。しかも手術は極めて困難で、手術して緑の命を救えるのはただ一人のスーパードクターだけだという。潤はパリから一時帰国中のその医師に執刀を頼み込むが断られる。

しかし、執刀した母校の名誉教授が死亡し、名誉回復のために手術をもう一件依頼されたことから緑の手術を引き受けることに。うれし泣きの潤に連れられ、緑は医師との面会に出かける。しかし緑の目の前に現れた医師は世界で一番会いたくない、初恋の人、三島(伊原剛志)その人だった。思いがけない再会に、緑は一度は立ち去り、手術を拒む。しかし、健太の入学式に出席しながら、愛する夫と息子のために生きたいと願い、再び三島に会いに行く。そして「私を助けてください」と頼むのだった。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-03-30 17:10 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22917638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 「まれ」私は夢が大嫌いです 福耳 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「ブランケット・キャッツ..
from トリ猫家族
TOO YOUNG TO..
from 象のロケット
蜜のあわれ
from 象のロケット
ブランケットキャッツ 第..
from ぷち丸くんの日常日記
「蜜のあわれ」文芸のかほ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
MONSTERZ モンス..
from to Heart
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)