Wの悲劇
e0080345_14112867.jpgやはり、薬師丸ひろ子、三田佳子、存在感がありますね。

個人的には、高木美保が出ているのが印象に残りました。

蜷川幸雄がバリバリ怒気を発しながら、それこそ「灰皿を投げんばかりに」演出をつけてる様子に「なるほど。こんな感じなのですね」と納得

この時代の映画の、あるいは角川映画さんの特徴なのかな?

みんな声を張って、舞台っぽく、ややオーバーアクト気味。展開も「いきなり」感が強いです。世良公則の花束持って登場、等々…

「WOMAN」は名曲です。

    (解説)

女優をめざす若い劇団の研究生が、ある事件に巻き込まれて主役を演じ、本当の女優になっていく姿を描く。夏樹静子原作の同名小説を、本篇の中の舞台劇におりこみ、「湯殿山麓呪い村」の荒井晴彦と「野菊の墓」の澤井信一郎が共同で脚本を執筆。監督は澤井信一郎、撮影は「愛情物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

    (解説・2)

『Wの悲劇』(ダブリューのひげき)は、1982年に刊行された夏樹静子による日本の推理小説。タイトルはエラリー・クイーンが別名義で発表した推理小説『Xの悲劇』『Yの悲劇』『Zの悲劇』の3部作に対するオマージュである。この「W」はXYZに次ぐ第4の未知数、悲劇の舞台となる和辻家、そして女性(Women)を表している。1984年に映画化、また数回にわたりテレビドラマ化されているが、このうち薬師丸ひろ子主演の映画化作品は実際には原作のストーリーを劇中劇としたオリジナルストーリーである。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-04-07 09:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/22938046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< はつ恋 再放送 最終回 GHOST IN THE SH... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
コウノドリ2 第10話
from ぷち丸くんの日常日記
金曜ドラマ『コウノドリ(..
from レベル999のFC2部屋
刑事ゆがみ #10 最終回
from ぐ~たらにっき
木曜ドラマ『ドクターX~..
from レベル999のFC2部屋
刑事ゆがみ 最終話
from ぷち丸くんの日常日記
ドクターX~外科医大門未..
from ぷち丸くんの日常日記
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)