カルメン故郷に帰る
e0080345_17242244.jpgきくところによると、わが国初の総天然色長編劇映画第一作なんですってね。

なるほど、色の感じが現在とは微妙に違い、ある意味「ひどく鮮やか!」なのは、そのせいだったのかぁ、と納得してしまったのでした。

今見ると、それはそれは、のどかで牧歌的。そして、きわめて、すちゃらかなオハナシ… 思いっきり勘違いファッションで、浮きまくってる能天気コンビが笑えます。その、なにかとお騒がせ話。

さすがにテンポと勘所が、この当時のコメディゆえ、万人にとって面白いかどうかは、思わず首をひねってしまうのですが、高峰秀子って、歌って踊れるんだぁ… と、いたく感心。

考えてみると、まだアニメが一般的でない頃ですから、こういうドタバタが、充分、娯楽だったんだなぁ、とか、ある意味。クライマックスは、ピンクレディも真っ青な衣装でのショウですから、時代から考えると、充分、“目の保養”であったのかな、とも思ったりしてね。

なにやら、感慨深いものがあったのでした。
[PR]
by noho_hon2 | 2005-12-26 17:39 | 日々のメモ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2303241
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by きらら at 2005-12-28 00:51 x
こんばんは☆きら改め「きらら」です。まだ何となく しっくりときませんがよろしくお願いしますね☆
カルメン・・・の~どかあ~~~な映画でしたね。
高峰秀子さんのスタイルの良いのにびっくり!セクシーな役もはまってて 驚くばかりでした。
しかし 笠智衆さん 晩年と雰囲気が同じだったのが一番びっくり!
野菊・・・もそうでしたが ずうっと老け役の脇役の男優・・って 他にはいないのではないのかなあ?
Commented by noho_hon2 at 2005-12-28 08:42
こんにちわ、きららさんになられたんですね。きららさんも御覧になられたのですか? ほ~んと、のどか~な作品でしたよね。高峰秀子のスタイル良さとセクシー衣装には私も、どっきり。笠智衆も、じつにイイ味だしてました。先日、惜しくも亡くなられた原ひさこといい… きくところによると、このおふたりは、40代の頃から、既にこういう役柄をひきうけられてたそうで、そういう意味でも“きわめた!”方々の味わい深い演技には、頭が下がるばかり。
<< 女子フィギュア、視聴率平均33.7% げっちゅう♪ >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
土曜ドラマ『先に生まれた..
from レベル999のgoo部屋
コウノドリ #06
from ぐ~たらにっき
映画「本能寺ホテル」
from FREE TIME
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
金曜ロードSHOW!『デスノ..
at 2017-11-19 08:53
先に生まれただけの僕 「プラ..
at 2017-11-19 08:45
すなば珈琲
at 2017-11-18 16:11
池田 勉 写真展 潜伏 長崎..
at 2017-11-18 16:05
新宿セブン 第6話
at 2017-11-18 06:35
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)