ランチのアッコちゃん「屋上のアッコちゃん」「三智子とカレーとアッコちゃん」
e0080345_07595997.jpg最初は、怖いお局様だとビビってた、敦子(戸田菜穂)「お互いのランチを交換しましょう」との提案。最初は、ただただ、振り回されていた、三智子(蓮佛美沙子)でしたが、

ランニングで行って、移動販売のランチを食べ、電車で戻ってきたり、屋上で、井川(田山涼成)に、広島焼きを振る舞われ、「何とかある材料で」を学んだり、敦子の新人時代の話を聞いたり、

なんと、カレー屋で店番させられ、先日の教訓をヒントに、新しいレシピを考えついて、それが好評で新メニューに。お弁当も「食べてもらう」ことを考えて、美味しいものになってきました。

ずっと、拒絶がうまく言えなくて、いいようにあしらわれてた元カレに初めて「嫌」が言えたり、企画書を出そうと思いついたり… 三智子、だんだん、成長してきました。

でも、そんな矢先に知った、敦子の退職。

この先、どんな風に展開する? わくわく

     (ストーリー)

第2回「屋上のアッコちゃん」

三智子は、「生き方を変えたいなら食べ物を変えなさい」という敦子のお説教で、自信を失い辞退した敦子とのランチ取り替えに再挑戦する。その日、敦子から指示されたランチは、ワゴン販売のサンドイッチだった。三智子はその店主(Ariel未来)から野菜とサンドイッチの奥深さを教えられる。翌日、三智子は屋上に行くよう敦子から指示される。そこには作業着姿の井川(田山涼成)が待っていた。井川との会話から、三智子は新しい企画のヒントを得る...。

第3回「三智子とカレーとアッコちゃん」

三智子(蓮佛美沙子)は同僚・ちひろ(野呂佳代)と、高潮物産が倒産寸前だといううわさを聞いてしまう。ランチ取り替えの最終日、三智子は敦子(戸田菜穂)の指示でカレー屋に再び行くが、マスター(駿河太郎)が外す間、厨房に入る破目になる。窮地に陥った三智子は、井川(田山涼成)の言葉を思い出し切り抜ける。古本屋の笹山(成田凌)と親しくなり、三智子は久しぶりに充実感を覚える。その直後、高潮物産に激震が走る...。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-05-27 07:53 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/23168232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マツコの知らない世界(マヨネー... 戦う!書店ガール「大切な人のた... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「コード・ブルー-ドクタ..
from 三毛猫《sannkeneko..
【コード・ブルー-ドクタ..
from ドラマ@見とり八段
コード・ブルー3 第6話..
from 平成エンタメ研究所
コード・ブルー~ドクター..
from ディレクターの目線blog@..
青空エール
from 象のロケット
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)