ニューヨーク 冬物語
e0080345_08280938.jpg余命が残り少ない令嬢と恋に落ちた男が100年の時を超えてたどる数奇な運命を、コリン・ファレル主演で描いた壮大なラブストーリー。

原作は、マーク・ヘルプリンのベストセラー小説なのだそう


気楽に見られる物語、という意味では、ピッタリ。

突っ込みどころは満載ながら、不思議でロマンチックで、目の保養になり、分かりやすいところがヨカッタです。

それにしても… 「わぁ、よくお見かけする顔だなぁ…」と思ってたら、コリン・ファレル&ラッセル・クロウ&ジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハート(さりげなく、ウィル・スミス)と、なにげに豪華キャスティング。

ラッセル クロウが悪役ってのも、また珍しかった… かも。

評判自体は、かなり (^^;) みたいですが、個人的には、満足。

   (解説)

アカデミー脚色賞を受賞した「ビューティフル・マインド」ほか、「ダ・ヴィンチ・コード」「シンデレラマン」などロン・ハワード作品の脚本家としても知られるアキバ・ゴールズマンが初監督を務め、マーク・ヘルプリンの全米ベストセラー小説を映画化したファンタジードラマ。2014年、冬のニューヨーク。約100年にわたり若き日の姿のまま生かされた男ピーターは、すべての記憶を失くし、生きる価値さえ見出せないでいた。そんな中、余命わずかの美しい令嬢ベバリーとの運命的な恋と、はかなく散った命についての記憶がよみがえる。コリン・ファレルが主演し、ヒロイン役を新星ジェシカ・ブラウン・フィンドレイが務めた。そのほかの共演にジェニファー・コネリー、ウィリアム・ハート、ラッセル・クロウら。

   (ストーリー)

20世紀初頭のニューヨーク。ギャングのボス、パーリーの下で働いていた青年ピーターは、組織を抜けたことから追われる身となった。危ないところを不思議な白馬に救われた彼は、運命的に富豪ペンの令嬢ベバリーと出会い、恋に落ちる。だが、不治の病を患う彼女はほどなくその短い生涯を終え、失意のピーターはパーリーに捕らえられてしまう。橋から落とされたピーターは、なんと100年後の2014年に目覚めるのだが……。

[PR]
by noho_hon2 | 2015-08-27 07:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/23605156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< リスクの神様「お家騒動に潜む罠... となりの関くんとるみちゃんの事象 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
「蜜のあわれ」
from 元・副会長のCinema D..
「MONSTERZ」操れ..
from オールマイティにコメンテート
『MONSTERZ』をト..
from ふじき78の死屍累々映画日記
MONSTERZ モンス..
from 銀幕大帝α
WALL・E / ウォーリー
from Akira's VOICE
映画評「蜜のあわれ」
from プロフェッサー・オカピーの部..
WALL・E/ウォーリー..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
ウォーリー (2008)
at 2017-06-22 07:45
蜜のあわれ (2016)
at 2017-06-22 07:21
MONSTERZ モンスター..
at 2017-06-21 07:37
あなたのことはそれほど 最終..
at 2017-06-21 07:25
TOO YOUNG TO D..
at 2017-06-20 08:50
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)