007 ダイ・アナザー・デイ
e0080345_11444826.jpg『007』シリーズ第20作。シリーズ40周年通算20作を記念して作られたダブルアニバーサリー作品であると同時に、

ピアース・ブロスナンがジェームズ・ボンドを演じた最後の作品

当時、シリーズで過去最高の興行成績を記録。

オスカー女優・ハル・ベリーがボンド・ガールをつとめた作品ですが、マドンナも出てるとは知らなかったので驚いたのでした。

(ちなみに、第23回ゴールデンラズベリー賞では脇役として出演したマドンナが最低助演女優賞を受賞、主題歌の『Die Another Day』は最低主題歌賞にノミネートされてしまったのだそう)

ダブルアニバーサリー作品らしく、「ボンド・ガールが海から登場したり」を筆頭に、過去の作品をオマージュしたシーンが多々見受けられるのも、ファンには嬉しいサービス精神。

「そんなバカな!」を楽しめるアクション、という意味では、伝統を受け継いでいて楽しかったのでした。

敵対するのが東洋人で、(当初はロシア、でしたよね)クライマックスのオンパレードだったのは、昨今のアクション映画の影響? そういう意味でも興味深かったです。

色々な意味で (^ー^*)

     (解説)

製作40周年かつシリーズ第20作目という節目を迎えた痛快スパイ・アクション。ピアース・ブロスナン扮するジェームズ・ボンドが朝鮮半島を皮切りに世界中を飛び回り、世界征服を企む強敵へ立ち向かっていく。注目のボンドガールには「チョコレート」のハル・ベリーとイギリスの新星ロザムンド・パイク。監督は「スパイダー/コレクター2」のリー・タマホリ。主題歌はマドンナが担当し、カメオ出演も果たしている。

 ジェームズ・ボンドは、北朝鮮のムーン大佐暗殺任務に就き、英国諜報部員の精鋭たちと共に朝鮮半島に潜入する。しかし、任務遂行目前にして正体を見破られ、北側に捕まり、監禁、拷問に耐える日々が続く。14ヶ月後、ボンドは南側で捕虜となっていたムーン大佐の腹心ザオとの交換によりようやく自由の身となった。しかし、上司Mはボンドが拷問に負け情報を漏らしたと疑い、諜報部員の資格を剥奪したうえ施設内に幽閉してしまう。ボンドは自らの疑いを晴らすため、なんとか施設を脱出すると、鍵を握る男ザオを追ってキューバへと向かうのだった…。
[PR]
by noho_hon2 | 2015-12-22 11:44 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/23983627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 本日は冬至 スペシャルドラマ『ダマシバナシ』 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
【監獄のお姫さま】第1話..
from ドラマ@見とり八段
明日の約束 (第1話/初..
from ディレクターの目線blog@..
今からあなたを脅迫します..
from ぐ~たらにっき
【先に生まれただけの僕】..
from ドラマ@見とり八段
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
ドクターX 外科医・大門..
from まっつーのTV観覧日誌(*´..
日曜劇場『陸王』第一話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)