傘をもたない蟻たちは「再会と妄想」
e0080345_9171831.jpgNEWSの加藤シゲアキによる同名短編小説集をドラマ化。

エリートサラリーマン、女子高生、美大生など、今を生きるさまざまな主人公たちが登場する6編の物語の中から「恋愛小説(仮)」「インターセプト」「にべもなく、よるべもなく」の3編を取り上げ、加藤が描き出した小説の世界観を損なうことなく、原作とは一味違う映像作品としてアレンジする

ストーリーは、「橋本ジュン」のペンネームで小説を書くSF作家の橋本純(桐山漣)は、唯一の連載が終わり、貯金とアルバイトで食いつなぐ日々を送っていた。そんな純に、担当編集者の館山(阪田マサノブ)は、恋愛小説を書くように勧める。

締め切りが迫る中、SFしか書いたことがなく行き詰っていた純の前に、幼なじみの村田啓介(加藤シゲアキ)が現れる。10年以上振りの再会を喜びつつ、小説のアイデアが浮かばずに苦戦していることを話す純を、啓介は励ます。そして、啓介との会話から、純は過去に経験したある出来事を思い出す、との旨。

今回の「再会と妄想」の最初はゲーム感覚、でも実は… の男の目から物語を描き、途中、逆回転。今度は、女の目から… の部分が面白かったです。

旬の顔ぶれで、評判の本の映像化が楽しめそうで、期待…

     (ストーリー)

SF小説家の純(桐山漣)は編集者の館山(阪田マサノブ)から恋愛小説の執筆を依頼される。だが、SFしか手掛けたことがない純は、締め切りが近づいても一向に筆が進まない。そこへ幼なじみの啓介(加藤シゲアキ)が10年以上ぶりに現れる。啓介に励まされる中でヒントを得た純は、会社のマドンナ・安未果(足立梨花)と彼女を恋愛テクニックを駆使して口説き落とそうとする上司・林(桐山=2役)の心理サスペンスを思い付く。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-01-10 09:17 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24037733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-01-12 17:05
タイトル : 傘をもたない蟻たちは TOP
『傘をもたない蟻たちは』は、2016年1月9日から、毎週土曜日23:40 - 翌0:05に、フジテレビ系の『土ドラ』枠で放送中。 概要 NEWSの加藤シゲアキによる同名短編小説集をドラマ化。エリートサラリーマン、女子高生、美大生など、今を生きるさまざまな主人公たちが登場…... more
<< スペシャルドラマ「刑事バレリーノ」 石井陽子写真展「境界線を越えて」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
4号警備 総括
from ぐ~たらにっき
「緊急取調室 SECON..
from 三毛猫《sannkeneko..
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)