鈴木賢武写真展「観山十字路に末枯れていくこと」
作者がこの土地を終の棲家と決めて二十年が過ぎ、二人の子供はそれぞれ巣立ち、作者の仕事も定年を迎え、夫婦に余生という時間が訪れたのだそう。

そんな日常風景にある十字路… 夫婦の散歩道をテーマに、通学風景の中学生を筆頭に、何気ない活き活きとした生活がきりとられていて興味深かったです。

何より、「そんな何気ない風景を幸福と感じる」作者のスタンスが何より魅力的でした

e0080345_1622233.jpg

[PR]
by noho_hon2 | 2016-02-20 16:22 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24154707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 怪盗 山猫「注目!巨悪の巣窟へ... スミカスミレ 45歳若返った女... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
大河ドラマ「おんな城主 ..
from オールマイティにコメンテート
「後妻業の女」騙された遺..
from オールマイティにコメンテート
「リバース」~最終回 ☆☆
from ドラマでポン
『後妻業の女』 社会的な..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
後妻業の女
from 映画的・絵画的・音楽的
後妻業の女
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
後妻業の女〜ハセキョンが..
from 佐藤秀の徒然幻視録
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)