劇場版「 猫侍 南の島へ行く 」
e0080345_9441111.jpgあいかわらず、 愛猫・玉之丞の愛らしさに萌えつつ、コミカル、ナンセンスさが笑える、猫侍。劇場版が第二弾まで制作されようとは!

やはり、玉之丞には、斑目久太郎(北村一輝)が似合う!

その北村一輝。自らのライフワークとしてるそうで、主演のみならず原案・脚本にもクレジット。並々ならぬ意気込みだなぁ、と感心してしまったのでした。

途中、作戦として「猫に扮した」斑目久太郎が笑える笑える

個人的には、LiLiCo扮する女海賊の三の線ぶりが笑えます。映画愛ですね。

エンディングの「愛のメモリー」パロディなんて、松崎しげるが映画世界に扮し、ノリノリで熱唱してる姿も、可笑しいです。

とにかく「徹してる」のがヨイです

癒やしと笑い、頭空っぽにして、楽しみたい作品です (^^*)

    (解説)

北村一輝主演で、強面の浪人が愛らしい白猫に萌える姿が人気の時代劇コメディ「猫侍」シリーズの劇場版第2作。無双一刀流免許皆伝の腕前で「まだら鬼」の異名を持つ剣豪・斑目久太郎は、江戸で仕官できず、故郷の加賀藩でしがない浪人生活を送っていた。そんなある日、久太郎のもとに土佐藩から剣術指南役の誘いが舞い込みむ。愛猫・玉之丞を連れて土佐へと出立した久太郎だが、船着き場で謎の忍者に襲われて土佐行きの船に乗り遅れてしまう。なんとか小舟を借りて海に乗り出した久太郎は、土佐を目指すのだが……。今作では北村が原案・脚本も担当し、南の島に漂着した久太郎と玉之丞の新たな物語を描く。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-03-15 07:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24220898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< いつかこの恋を思い出してきっと... 松本清張二夜連続ドラマスペシャ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ハロー張りネズミ (第6..
from ディレクターの目線blog@..
木曜劇場『セシルのもくろ..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『黒革の手帖』..
from レベル999のgoo部屋
「ハロー張りネズミ」第5..
from Kanataのお部屋へようこそ
「コード・ブルー~ドクタ..
from Kanataのお部屋へようこそ
セシルのもくろみ #06..
from ぐ~たらにっき
遺留捜査 第4シリーズ(..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)