金曜プレミアム 松本清張スペシャル『かげろう絵図』
e0080345_6392547.jpg米倉涼子が松本清張の時代劇に挑戦、への興味から観てみました。

内幕が、ドロドロしてる分、映像がとにかく華やかでキレイ。

珍しく、竹中直人がホワイトです。

個人的には、十一代将軍・徳川家斉(津川雅彦)と中野石翁(國村隼)、最近、アクのあるクセモノ役なら、この人の、木下ほうかが、印象に残ったかな?

あと、佐島(高畑淳子)の迫力と、島田新之助(山本耕史)の正しい男前ぶりも時代劇らしかったです。

そだそだ、ラストを締めた、大御台役の白石加代子も流石でした。

もちろん、ヒロインの縫(ぬい)役の米倉涼子も、ダイナミックに奮闘。

時代劇は、分かりやすいので、そういう意味で見やすかった…  かも

      (ストーリー)

江戸時代後期、江戸城“大奥"の支配をもくろむ巨悪の腐敗に迫るため、毒々しくも華やかな大奥に身ひとつで潜入することとなったヒロイン、縫(ぬい)。お墨付きを巡る抗争、策略に満ちたし烈な争い。点と点がつながったその時、明かされる真実…。果たしてお世継ぎはどうなるのか!?
養父を突然の死で失った縫(米倉涼子)。思いを寄せる従兄弟の島田新之助(山本耕史)は刀を捨て医学を学ぶという。後見人である脇坂安薫(竹中直人)に見送られ、2人は別々の道を歩むことに。
5年後、十一代将軍・徳川家斉(津川雅彦)は晩年もなお実権を握っていた。側室・お美代の方(中村優子)の後ろ盾である中野石翁(國村隼)は次の将軍を定めるお墨付きを家斉に書かせるべく策を弄していた。
一方、お登美と名乗って大奥へ潜入していた縫はお美代の方に気に入られ昇進。やがて縫は感応寺の僧侶たちと佐島(高畑淳子)ら中臈たちの密通を突き止める。縫が危険を顧みずに潜入捜査を引き受けたのは新之助のため。政権が正され、また侍として表舞台に出て欲しい…。現在の新之助は闇医者となって富本節の師匠・豊春(夏川結衣)という女性の元に身を寄せていた。
ある日、家斉が倒れ、それを利用した中野石翁はお墨付きを手に入れる。そこには次期将軍は前田犬千代と記されていた。後継者争いはこれで決着がついてしまうのか!?縫、新之助、豊春、3人の恋の行方は…?
[PR]
by noho_hon2 | 2016-04-10 06:38 | ドラマ | Trackback(2) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24290806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-04-10 12:06
タイトル : 金曜プレミアム 松本清張スペシャル「かげろう絵図」 (2..
フジテレビ系・金曜プレミアム 松本清張スペシャル『かげろう絵図』(公式) 『大奥に暗躍する巨悪に立ち向かう女の密命は大奥粛正!愛する男のために命をかける!』の感想。 なお、原作:松本清張『かげろう絵図』(文春文庫)は未読。過去の映像作品も未見。 江戸時代後期、江戸城“大奥"の支配をもくろむ巨悪の腐敗に迫るため、毒々しくも華やかな大奥に身ひとつで潜入するこ...... more
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2016-04-13 01:46
タイトル : 松本清張スペシャル かげろう絵図(4.8)
松本清張原作だそうですが、原作未読。 大奥シリーズの浅野妙子脚本。 徳川家斉(津川雅彦)が大御所として実権を握っていた時代、 父を切腹に追い込まれ、復讐を誓った縫(米倉涼子)、 世直しを考える島田新之助(山本耕史)らが 次期将軍職を自分の血筋にと目論む中野石翁(國村隼)一派の 陰謀を打ち砕こうとするという内容。 先日の沢尻エリカ主演『大奥』と同じく家斉の時代でしたが、 こちらの方が面白かったな。 やはり家斉の代は大御所時代が面白い。眠狂四郎を思い出した。 配役も良かったし、権力闘争や大奥の腐敗が描か...... more
<< 精霊の守り人 「決戦のとき」 東京センチメンタル 最終回 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
大河ドラマ『おんな城主直..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)