彼岸花
e0080345_13393310.jpg小津安二郎の作品って不思議。

ほとんど「小津映画トーク」と言いたいような抑揚を抑えた、独特のトーンなんだけど、慣れてくると心地よくなってくるんですから… なぜ?

微妙な時期にある家族や親子を描いたら絶品。特に父娘が上手いです。

画面が逐一、計算されつくされてて、絵になります。

キャスティングも豪華で、華がありました。

笠さんの詩吟に味があったです

時代やお国は変わっても、この領分だけは共通なのですね。

     (解説)

里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、「若い広場」の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。

     (ストーリー)

大和商事会社の取締役平山渉と元海軍士官の三上周吉、それに同じ中学からの親友河合や堀江、菅井達は会えば懐旧の情を温めあう仲。それぞれ成人してゆく子供達の噂話に花を咲かせる間柄でもある。平山と三上には婚期の娘がいた。平山の家族は妻の清子と長女節子、高校生の久子の四人。三上のところは一人娘の文子だけである。その三上が河合の娘の結婚式や、馴染みの女将のいる料亭「若松」に姿を見せなかったのは文子が彼の意志に...
[PR]
by noho_hon2 | 2016-04-19 08:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24314670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 警視庁・捜査一課長 ラヴソング「7秒の勇気で世界が... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ボク、運命の人です。 第..
from ぷち丸くんの日常日記
リバース 第7話
from ぷち丸くんの日常日記
「ツバキ文具店 〜鎌倉代..
from トリ猫家族
【リバース】第7話 感想
from ドラマ@見とり八段
ツバキ文具店~鎌倉代書屋..
from emitanの心にうつりゆくもの
緊急取調室 #06
from ぐ~たらにっき
ボク、運命の人です。 #..
from ぐ~たらにっき
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)