白い巨塔(1966)
e0080345_7451679.jpg知りませんでした。ドラマ化される8年も前に制作された作品だったのですね。

唐沢寿明と江口洋介が演じた、平成版のドラマから、この作品を知り、昭和ドラマのダイジェスト版を見たので、ラストの違いに驚いたのでした。

って、連載中に映画化された、との情報に「…な~るほど」

また、えらくリアルだなぁ、と思ったら、実際の手術シーンを撮ってたとは! モノクロなのも、納得です。

田宮、小沢栄太郎、加藤嘉は1978年のドラマ版でも同じ役を。

里見脩二訳を田村高廣(ドラマでは、山本學)財前の愛人・花森ケイ子役を、小川真由美役(ドラマでは、太地喜和子)が演じてるのもインパクトありました。

医学の進歩と共に、ディテールも変えてた分、いろんな意味で興味深かったです。高畑淳子の出世作ともいえる、平成版ドラマを、また観てみたい気がしたのでした。

    (解説)

山崎豊子の同名小説を、橋本忍が脚色し山本薩夫が監督。主役の田宮二郎はこの作品で人気を得、後にテレビシリーズでも同じ役を演じた。原作が完結する前に制作が開始されたため、ラストは映画オリジナルとなっている。浪速大学医学部の東教授が来年退官となるため、そのポスト争いが水面下で激化していた。東の教え子である財前五郎は最有力候補と言われていたが、傲慢な態度ゆえ東教授に疎まれており、様々な工作を進めていた。ある日、同期の里見から頼まれ、財前は胃癌患者の手術を執刀する。術後に患者は苦しむが、選挙戦に忙しい財前はその原因を探ろうとせず、患者は間もなく亡くなってしまう。財前は選挙戦を勝ち抜き晴れて教授となるが、そんな矢先、死亡した患者の遺族が財前と病院を相手取り、医療訴訟を起こした。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-18 07:08 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24389399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 娚の一生 ラヴソング「届け…こんな歌がで... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)