ドラマスペシャル『叡古教授の事件簿』
e0080345_15173927.jpg門井慶喜氏の原作『東京帝大叡古教授』の時代設定を新たにしてのドラマ化

藤木直人が、文系アナログ変人教授に… 田中直樹と殺人事件の"物語"を読み解く物語。

舞台に吊るされた、変死体。幕に書かれた血文字の暗号、連続殺人…

Sっ気・恋愛指南シェフに続き、フジッキー様のスーツ姿もダンディな教授・探偵もバシッと決まり、今旬キャスティングが目の保養で、なかなかに楽しめました。

続編もありそう… かも

     (ストーリー)

 捜査のたびにヘマばかりやらかしている警視庁捜査一課の刑事・南波陽人(田中直樹)はある日、捜査一課長・五十嵐修(武田鉄矢)に呼び出される。なんでも、南波の母校である帝都大学の法学部教授に『犯罪捜査百年史』なる本の監修を頼んでいたが、制作中止になってしまったため、謝罪に行ってほしいというのだ。南波は「こんなことをするために刑事になったわけじゃない…」と不本意ながらも、手土産を片手に帝都大学へ。だが、そこで思いがけない事件に遭遇する。次期学長候補だった医学部教授・高寺保の遺体が、講堂で見つかったのだ! しかも、高寺の遺体は舞台の天井からロープで吊るされ、どん帳には謎の数字を羅列した暗号が残されていた…。そんな不可解極まりない事件現場へ、興味深げに「この事件には物語がありそうだ」とつぶやく男が姿を現す。その男こそは南波が会いに行った人物――地球上のあらゆる学問に精通する文系の天才で、「知の巨人」の異名を取る宇野辺叡古(藤木直人)だった!
 南波ら捜査一課はさっそく捜査を開始。その矢先、あろうことか事件現場から叡古が愛用しているパイプ用のタバコの葉が見つかる! どうやら犯人は叡古を犯人に仕立て上げようとしたらしい…。一体なぜ犯人は事件を起こすに至り、さらには叡古を巻き込もうとしたのか!?  その“物語”を読み解こうと立ち上がった叡古は、助手の阿蘇藤太(白洲迅)とともに、暗号の解明に着手。一方、捜査一課は容疑者として副学長・戸村麻美(浅野ゆう子)ら、被害者と次期学長の座を争っていた大学関係者たちにも目を付けるが、捜査は難航し…。
 事件の早期解決を目指し、五十嵐は叡古を捜査アドバイザーに任命。捜査一課係長・川添徳治(宇梶剛士)からお目付け役を命じられた南波は、しぶしぶ叡古と行動を共にする。そんな中、帝都大学内で第二の教授殺害事件が発生! しかも、現場にはまたしても謎の暗号が残されており…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-05-22 14:57 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24399975
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from まっつーのTV観覧日誌(.. at 2016-05-24 00:11
タイトル : トットてれび第4話 & 叡古教授の事件簿(5.21)
・トットてれび第4話 カラーテレビが普及した昭和39年(1964)、 女優の仕事が順調ながらも迷う黒柳徹子(満島ひかり)は 女優業を辞め単身渡米、落ち着いた生活の中、 自分の進むべき道を見出したと。 特に何をやってるわけでもなく、上記のまんまの展開なんだけど、 黒柳さんがのびのびと生きている姿が描かれていて微笑ましい。 そしてただテレビに映る黒柳さんを見て笑ってるだけなんだけど 向田邦子(ミムラ)さんや松重豊さんが映ると妙に嬉しいんだよね。 このドラマ、全7話らしいけど、大河ドラマ枠とかで 同じキ...... more
<< 真田丸「前兆」 ソロモンの偽証 前篇・事件 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
火曜ドラマ『カンナさーん..
from レベル999のgoo部屋
僕たちがやりました 第1..
from レベル999のgoo部屋
カンナさーん! 最終話 ..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました 最終..
from ぷち丸くんの日常日記
僕たちがやりました #1..
from ぐ~たらにっき
カンナさーん! (第10..
from ディレクターの目線blog@..
僕たちがやりました (第..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)