重版出来!「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」
e0080345_8294264.jpg今回は、殻が破れずスランプ。焦る新人の中田(永山絢斗)と、それを見抜き、見守る、師匠・三蔵山(小日向文世)の大きな愛

牛露田獏(康すおん)父娘の和解と再起、

ベテラン書店員、河舞子(濱田マリ)の人生を変えた本エピソード、と盛り沢山でしたが、どれも、とても素敵なエピソードでした。

それと、編集長・和田(松重豊)と古い本屋で友人の友情も、牛露田獏夫妻が偶然、新婚旅行で訪れ、急遽、サイン会になったエピソード、ともども、味わい深かったです。

この思い出話も、牛露田の娘のアユ(蒔田彩珠)の心を動かしましたもんね。

まずは、年間収益目標を役員に提出する「年度計画会議」に出席した和田(松重豊)は、厳しい出版不況を実感

心(黒木華)は和田から、爆発的に届く、担当の新人・中田(永山絢斗)のネームを「魅力に欠ける」と一蹴され、途方に暮れます。

基本パワーはあれど、人に心を開いてないので、脇キャラが、描き分けられないのですね。

初めて、沼田(ムロツヨシ)からもらった落語を聴いてみようとする中田… 前進できると、イイですね。

『タイムマシンにお願い』の電子書籍化の許諾交渉をするため、引き続き伝説の漫画家・牛露田獏(康すおん)の家に通う和田でしたが、最初は頑なだったものの、

心が、娘のアユに、河オススメの本をプレゼントし、それが同じ思春期の孤独として琴線に触れ、本を読むようになります。ついには、母は父に殺されたんじゃない、同じ夢を追ってたんだ、と思い直し、ヒット作『タイムマシンにお願い』を読むまでに。

彼女が、父の心を氷解させて、電子書籍化の許諾交渉は成立します。

また、舞子のファンレターがきっかけで、憧れの漫画家・山縣留羽(内田淳子)が書店にあらわれた時もジーーーン。

三蔵山の、若い中田を見守る「今、殻を破ろうとしてるところだ」の報告電話も素敵だったし…

一粒で何度も美味しい回でした。

個人的には、『タイムマシンにお願い』の絵柄、ひょっとして、藤子先生によるもの?と思ったりして。

こういう、前向きで明るく、感動的なドラマは、心が癒やされますね。

     (ストーリー)

“打倒エンペラー”のモットーを掲げるも、売り上げ1位の「エンペラー」に追いつけず苦戦中の「バイブス」。編集部内にはいつもに増して吠える編集長・和田(松重豊)の声が響く。何もしなくとも雑誌が売れていた時代とは違い、役員たちは会議で利益のことばかり突っ込んでくる。厳しい現実の中、決断をし部下を引っ張っていく編集長として和田は数字に追われる日々が続く。

機嫌の悪い和田に、中田伯(永山絢斗)のネームは「魅力に欠ける」といわれ落ち込む心(黒木華)だが、追い討ちをかけるように、あれだけ止まることのなかった中田のネームが突然止まってしまう。さらに、連載を抱えている大塚(中川大志)も五百旗頭(オダギリジョー)に止められていたエゴサーチをしてしまったせいでネームが描けなくなってしまった。大塚の弱点を冷静に見抜き的確にアドバイスをする五百旗頭に対し、心は、原因不明の中田のスランプに戸惑いどうすることもできない。五百旗頭は、中田の弱点は「他人を理解しない所」だと心に言うが…。

一方、『タイムマシンにお願い』の電子書籍化の許諾交渉をするため、引き続き伝説の漫画家・牛露田獏(康すおん)の家に通う和田。かつて天才と呼ばれていたが、酒におぼれ廃人のようになってしまった牛露田は、漫画どころか線も引けない状態で生活保護を受けており、和田の言葉がけもむなしく、耳を傾けようともしない。

そんな牛露田と共に暮らす中学生の娘・アユ(蒔田彩珠)は、「あんなのが父で恥ずかしい」と父の存在を恥じ、孤独で荒んだ日々を送っていた。唯一のアユの心のよりどころは、亡き母・祥子との思い出だけだ。生活環境により学校でいじめを受けているアユに、漫画を好きになってもらおうと接触する心は、尊敬する書店員・河(濱田マリ)の人生を変えた、ある一冊の漫画を渡す…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-06-01 07:58 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24424588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-06-01 09:04
タイトル : 重版出来! (第8話・2016/5/31) 感想
TBS系・火曜ドラマ『重版出来!』(公式) 第8話『鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!』の感想。 なお、原作:松田奈緒子「重版出来!」は未読。 年間収益目標を役員に提出する「年度計画会議」に出席した和田(松重豊)は、厳しい出版不況を実感。心(黒木華)は和田から、中田(永山絢斗)のネームを「魅力に欠ける」と一蹴され、途方に暮れる。そして、中田だけでは...... more
Tracked from 平成エンタメ研究所 at 2016-06-01 09:15
タイトル : 重版出来! 第8話〜ママの顔、ちゃんと見ろよ! ママはパ..
 人の心をノックする話だった。  まずは、落ちぶれた漫画家の牛露田(康すおん)。  そんな牛露田の閉ざされた扉を開けるために編集長の和田(松重豊)は叫ぶ。 「大人は子供の前でかっこつけなきゃならんでしょう! われわれ、マンガ屋は夢を売ってるんですから!」 ...... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2016-06-01 14:18
タイトル : 重版出来! 第8話
売り上げ1位のライバル誌・エンペラーに追い付けない厳しい状況の中、和田(松重豊)は部下を引っ張る編集長として数字に追われる日々が続いていました。 パソコンで表が上手く作れない和田は、すごく機嫌が悪くて吠えています。 見かねた五百旗頭(オダギリジョー)が手伝っていましたw 心(黒木華)は、機嫌の悪い和田から、中田(永山絢斗)のネームが「魅力に欠ける」と言われて落ち込み、追い打...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-06-01 15:53
タイトル : 重版出来! 第8話
第8話「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」2016.5.31 OnAir “打倒エンペラー”のモットーを掲げるも、売り上げ1位の「エンペラー」に追いつけず苦戦中の「バイブス」。編集部内にはいつもに増して吠える編集長・和田(松重豊)の声が響く。何もしなくとも雑誌が…... more
Tracked from トリ猫家族 at 2016-06-01 21:24
タイトル : 「重版出来!」 第8話 鬼編集長男泣き! 14歳の笑顔を..
 今回もいろんな立場から出版業界が描かれました。 和田編集長の心のつぶやきがじんわりと響きましたぞ。 HPはこちら  和田編集長(松重豊)は年に一度の『年計(この先一年の ...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2016-06-01 21:40
タイトル : 重版出来! 第8話
「鬼編集長男泣き!14歳の笑顔を取り戻せ!」 内容“エンペラー”に追いつくことが出来ず。和田(松重豊)は、イラついていた。“バイブス”の年度計画表を作成していたからだった。なんとか完成させて、役員達を押し切り。。。。。和田は、岡(生瀬...... more
Tracked from キッドのブログinココログ at 2016-06-01 22:23
タイトル : 道場でなら戦えます(黒木華)飛ぶ鳥の気持ちなんかわからな..
エゴイズムこそ・・・人間の本質であるという考え方がある。 そう言うと「我儘万歳」と思われがちだが・・・「自分が楽しく生きるため」に「仕事」とか「家族」とか「友人」が必要と考える人には「本能のままに生きるような贅沢」は許されないのである。 そこにある種の合理性が求められる。 合理的な利己主義こそが処世... more
Tracked from 昼寝の時間 at 2016-06-03 14:01
タイトル : 重版出来! 第8話
公式サイト “打倒エンペラー”のモットーを掲げるも、売り上げ1位の「エンペラー」... more
<< オーケストラ! 僕のヤバイ妻「手料理は殺意を込... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぐ~たらにっき
『植木等とのぼせもん』 ..
from 美容師は見た…
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)