ナイト ミュージアム
e0080345_8382399.jpg親子で、安心して楽しめる、ファミリーむけ作品ですね。
素朴な発想と、コミカル・ティストの活劇が面白かったです。

「夜中になると、博物館の展示物に命が吹き込まれて、動き出し…」という発想は「トイ・ストーリー」にも通じるかな?と感じたのですが、

個人的に「MOTHER2」を思い出してしまったのでした。

序盤はちょっと冴えない存在のパパだったのが、子供の尊敬も勝ち得て、バカにした女子大生も大感激し、見返すことができたし、いろいろな意味でハッピーエンドなのが気持ちよかったです。

人形のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトに扮した、名優・ロビン・ウィリアムズも気持ちよさそうに、温かく演じてたのが印象的でした。

アメリカで大ヒットし、続編が次々と作られたのも、納得です。

アース・ウインド&ファイヤーの大ヒット曲「セプテンバー」にのせて標本たちが踊りまくるラストが素敵でした。

     (解説)

真夜中の自然史博物館を舞台に、そこで働く夜間警備員の男が体験する不可思議な現象を描いた爆笑コメディ。『ピンク・パンサー』のショーン・レヴィが監督を務め、魔法で次々と動き出す博物館の展示物を止めようとする主人公の奔走をテンポよく演出。夜間警備員に『ミート・ザ・ペアレンツ』のベン・スティラー、人形のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトにロビン・ウィリアムズがふんし、新旧実力派コメディアンが絶妙な掛け合いを見せる。恐竜が闊歩し、かつての英雄たちが動き出す映像も必見。

     (ストーリー)

ニューヨークで暮らす失業中のラリー(ベン・スティラー)は前妻が(キム・レイヴァー)が再婚すると知り動揺する。愛する息子ニッキー(ジェイク・チェリー)とのきずなを保つために、ラリーは自然史博物館の深夜勤務の夜警員の仕事を引き受け、真夜中に警備を始める。ある夜、展示物が魔法を使ったように生き返り、ローマのグラディエーターやカウボーイたちがジオラマから飛び出して戦いを始め……。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-06-02 08:38 | 映画 | Trackback(13) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24427125
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2016-06-02 14:33
タイトル : ただ楽しいだけじゃない。『ナイトミュージアム』
真夜中の自然史博物館を舞台に、そこで働く夜間警備員の男が体験する不思議な現象を描いたファンタジーコメディです。... more
Tracked from 【徒然なるままに・・・】 at 2016-06-02 20:12
タイトル : 『ナイトミュージアム』(2006)
バツイチのラリーは何をしても長続きせず、今度は紹介された自然史博物館での夜警の仕事に就くことに。来場者減の煽りでリストラされる3人の老警備員たちから引継ぎを受けたラリーだったが、夜になると突然展示物たちが動き出し、館内は大騒動。慌てて連絡するものの、老警備員はさも当然と言わんばかりに全てをラリーに任せてしまう。実はこの博物館に収められている古代エジプトの秘宝「アクメンラーの石版」が、彼らに命を吹き込んでいたのだ。一人ではとても対処できないとラリーは仕事を投げ出しかけるが、離れて暮らす息子の為にもと考...... more
Tracked from VAIOちゃんのよもやま.. at 2016-06-02 21:55
タイトル : 映画 ナイトミュージアム
Blu-rayをレンタルして見逃した映画を観ているシリーズの一環で、今回は「ナイトミュージアム」を鑑賞しましました。気がつけば既に6年前のアメリカ映画ですが、続編が製作されてい ...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2016-06-02 22:35
タイトル : ナイト ミュージアム(2006年)
先行上映に行ってきました。結構客の入りは良かったですね。子供が多いかとも思ったのですが、吹き替えバージョンではなく、字幕バージョンを鑑賞したので、子供の姿はありませんでした。ちょっと安心しました。 夜の博物館。夜の学校と同じように、ちょっと怖いような気...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2016-06-03 10:49
タイトル : ナイトミュージアム
歴史を知っとかナイト! ... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2016-06-04 09:27
タイトル : [ ナイト ミュージアム ]父性は、夜つくられる
[ ナイト ミュージアム ]を吉祥寺で鑑賞。 アメリカ・ニューヨークにある世界最大級の博物館、自然史博物館を舞台に、そこで働く夜間警備員が体験する摩訶不思議な現象を描いたコメディ映画。 監督は[ ピンクパンサー ](06)を手がけたショーン・レヴィ。主演は、コメディ俳優を親に持ち、自らもコメディ兼監督、脚本家、プロデューサーとマルチな才能を持つベン・スティラー。本作では、彼のオカン、アン・メアラも主人公ラリーに仕事を紹介する職業斡旋スタッフとして登場している。そしてロビン・ウィリアムズがルー...... more
Tracked from La.La.La at 2016-06-04 12:55
タイトル : 『ナイトミュージアム』
 制作年:2006年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:104分  配給:20世紀フォックス  監督:ショーン・レヴィ  主演:ベン・スティアラー     カーラ・グギーノ     ロビン・ウィリアムズ ニューヨークに住む冴えないバツイチ男、ラリー・デリー。現在は 失業中で、最愛の息子ニッキーにも愛想を尽かされてしまう始末。 そこで新しい職探しを始めたラリーは、自然史博物館の夜警の仕事 にありつく。さっそく先輩の老警備員から仕事を引き継ぎ、夜の博 物...... more
Tracked from 極私的映画論+α at 2016-06-04 22:00
タイトル : ナイト ミュージアム (2006) NIGHT AT ..
 往年の大スター2人・・・生きてました(爆)... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2016-06-04 22:23
タイトル : ナイトミュージアム・・・・・評価額1600円
子供の頃、博物館が大好きだった人は多いと思う。 私もその一人で、恐竜の化石、古代のジオラマ、歴史上の人物や絶滅した生物たちの精巧な人形といった陳列物にロマンを掻き立てられたものだ。 そして、たぶん多くの子供たちが、一度はこんな事を想像したことがあるはずだ。 「これ、夜になると動き出すんじゃ?」 ベン・スティラー主演、ショーン・レビ監督の「ナイトミュージアム」は、そんな子供っぽい発想を...... more
Tracked from ケントのたそがれ劇場 at 2016-06-06 11:57
タイトル : ナイト・ミュージアム
★★★★  博物館に展示されている恐竜や猛獣、蝋人形たちは、夜中になると生命を得て動き出す。そんなことを知らずに夜警として就職した主人公は、この夜中の光景を観て大騒ぎする。  ドタバタSFコメディーということでは、『ジュマンジ』や『ザスーラ』と同じ流れであ... more
Tracked from そーれりぽーと at 2016-06-09 00:29
タイトル : ナイトミュージアム
都会のど真ん中で動物達が走り回り、ロビン・ウィリアムズは馬にまたがってコスプレ。 目を疑うような最新VFX技術と、徹底的にファミリー向けな作りで安心して観れた『ジュマンジ』と似たような印象の予告編の『ナイトミュージアム』が公開されたので早速観てきました。 ★...... more
Tracked from Subterranean.. at 2016-06-16 09:28
タイトル : ナイト ミュージアム (Night At The Mus..
監督 ショーン・レヴィ 主演 ベン・スティラー 2006年 アメリカ映画 108分 コメディ 採点★★★★ 立て続けに入院ネタで申し訳ないのですが、かつて入院していた時の二日目の深夜、絶食による空腹と日頃の不摂生がたたり全く眠れなかった私は、コッソリと病室を抜…... more
Tracked from メルブロ 〜海外個人旅行記〜 at 2016-06-19 18:08
タイトル : ナイトミュージアム
ナイトミュージアム 154本目 上映時間 1時間48分 監督 ショーン・レヴィ 出演 ベン・スティラー カーラ・グギーノ ロビン・ウィリアムズ ディック・ヴァン・ダイク スティ ...... more
<< マツコの知らない世界(冷凍食品... 世界一難しい恋「新たな恋は足裏... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)