重版出来!「好きです突然、愛の告白…成るか!?初連載!」
e0080345_83256100.jpgこんなに面白く、味わい深いのに、視聴率が伸びないのは、何故?

ヒロイン・心(黒木華)が、あえて、はかなげ美女を封印。元気印で、ややダサ目の小熊ちゃんと、新境地キャラを開拓した関係?! 新人ならではの懸命さと包容力に満ちてるのに…

まずは、ミューズだけど、“かまってちゃん”な彼女・梨音(最上もが)の家出に振り回される高畑(滝藤賢一)エピソードから。

看板漫画「ツノひめさま」が、煮詰まって、締め切りギリギリ。連載がヒヤヒヤ状態です。

しかし、そんな高畑に、ライバル誌「エンペラー」副編集長・見坊(明和電機)が接近。「本当に描きたいものを、書いてみません?」と引き抜きの誘いを受けているところを目撃してしまった五百旗頭(オダギリジョー)

彼もまた、自らのクールキャラにジレンマを抱いてたのでした。
担当した作家との関係や私生活(離婚を経験。クールすぎて去られてしまった?)もあって。

心もやってきたのですが、今ひとつ強くは、出られませんでした。

一方。新人・中田(永山絢斗)は、三蔵山(小日向文世)のアシスタントしながら、ネームを提出。連載を夢見ています。そして、キャラを練るために、街角ウォッチング。職質されて逃げたりします。

中田の苛立ちは、三蔵山の妻(千葉雅子)に向けられてしまいます。「支配するなっ!」幼少時、酷い扱いを受けた中田のトラウマが投影されてしまったみたいですね。でも、理解してくれる周囲でヨカッタヨカッタ。

そんな折、ピンときたイメージの女性キャラ・モデルは、なんと偶然、通りかかった牛露田を、娘のアユ(蒔田彩珠)だったのでした。彼女の成長エネルギーがリンクしたの… かも。

高畑は珍しく、締め切り前に原稿を出し、「エンペラー」のネームを試みますが、焦りから、いつも高機を試す、梨音に逆襲。「嫌なら出て行け」と言い、去られてしまったのでした。

心は、五百旗頭のアドバイスもあり、事のいきさつを知り、高畑のもとへ。

「ツノひめさま」を終わらせるなら、読者の納得行く形で… と言いますが、新作を描くつもりで意気揚々だったはずが、思いっきり、そのキャラは、「ツノひめさま」だったのでした。

そして、中田は、ついに会議で連載が決定。その通知に全身で感涙します。

次回は最終回。願わくば、気持ちの良く感動的なフィニッシュを。
そして、続編も見てみたいのでした。

     (ストーリー)

例のごとく“かまってちゃん”な彼女・梨音(最上もが)の家出に振り回される高畑(滝藤賢一)。もちろんネームにも影響が出て、心(黒木華)や他の編集者、製版所までをも巻き込む始末だ。すったもんだで何とか難を逃れる心だったが、五百旗頭(オダギリジョー)に、毎度この調子だと担当編集者として高畑にきちんと注意をした方が良いと指摘される。

ある日、高畑がライバル誌「エンペラー」副編集長・見坊(明和電機)に引き抜きの誘いを受けているところを目撃してしまった五百旗頭。スパイのように2人の後をつけ様子を伺うが、高畑は調子の良い見坊の言葉に浮かれ終始ニヤケ顔だ。また、かつて五百旗頭と共に作り上げた「バイブス」の看板漫画「ツノひめさま」も、本当に自分が描きたい作品ではないと言っており、引き抜きにすっかりその気の高畑の姿に、気が気ではではない五百旗頭だが…。

一方、高畑の引き抜き話を何も知らされていない心は、連載する作品が決まる“企画決定会議”に向けて、「ピーヴ遷移」の企画書作りに本腰を入れていた。中田(永山絢斗)と共に、編集長が一目で納得するネームや登場人物表を仕上げるべく切磋琢磨だ。幼少期からの人とのコミュニケーション不足が影響し、人物描写が苦手だった中田であるが、三蔵山(小日向文世)のアシスタントらとの共同生活のお陰で、人物描写が徐々に上達していく。

しかし、身近にいる女性が心しかいない中田は、理想とする女性キャラクターだけがどうしても描けず、頭を抱えていた。そして中田の苛立ちは、三蔵山の妻(千葉雅子)に向けられてしまう。

そんな中、「ツノひめさま」の原稿を先の分まで完璧に仕上げてきた高畑。急に“優等生”になった高畑の態度に編集部内は驚き、原稿に添付されてきた高畑からの手紙に無邪気に喜ぶ心。しかし、五百旗頭は一人そんな高畑の様子に違和感を感じていた。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-06-08 07:54 | ドラマ | Trackback(8) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24442345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-06-08 08:59
タイトル : 重版出来! (第9話・2016/6/7) 感想
TBS系・火曜ドラマ『重版出来!』(公式) 第9話『好きです突然、愛の告白…成るか!?初連載!』の感想。 なお、原作:松田奈緒子「重版出来!」は未読。 心(黒木華)が担当する漫画家・高畑(滝藤賢一)は、恋人・梨音(最上もが)の家出癖に振り回されっ放し。最近では原稿も遅れがちだった。そんな中、五百旗頭(オダギリジョー)はライバル誌「週刊エンペラー」の副編集...... more
Tracked from キッドのブログinココログ at 2016-06-08 11:16
タイトル : 悲しみを希望に変えろ(黒木華)窓から這い出せ(永山絢斗)..
Q.あなたの一番好きな曲は何ですか?・・・A.特にありません。 Q.あなたの一番好きな漫画は何ですか?・・・A.特にありません。 うっかりすると忘れるのだが・・・音楽や漫画の好きな人間はほとんどの人間がそうでないのを忘れがちである。 そういうことを失念したままで・・・ドラマを作るとこうなるのである。... more
Tracked from ぷち丸くんの日常日記 at 2016-06-08 11:19
タイトル : 重版出来! 第9話
高畑一寸(滝藤賢一)のネームが、恋人・梨音(最上もが)の家出に振り回されて、またしても悪影響が出ます。 製版所も巻き込んで何とか難を逃れますが、五百旗頭(オダギリジョー)は担当の心(黒木華)に「高畑にきちんと注意した方がいい」と指摘します。 しかし、梨音は典型的な「かまってちゃん」なので難しいですね。 心も恋愛に関しては他からの受け売りですが、どうにも出来ない気持ちもあると...... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-06-08 16:49
タイトル : 重版出来! 第9話
第9話「好きです突然、愛の告白…成るか!?初連載!」2016.6.7 OnAir 例のごとく“かまってちゃん”な彼女・梨音(最上もが)の家出に振り回される高畑(滝藤賢一)。もちろんネームにも影響が出て、心(黒木華)や他の編集者、製版所までをも巻き込む始末だ。すったもんだ…... more
Tracked from トリ猫家族 at 2016-06-08 18:11
タイトル : 「重版出来!」 第9話 好きです 突然、愛の告白…成るか..
「先生・・・先生・・・!!連載 とりました・・・・!連載 とれたんです・・・ 生きててよかった!生まれてきてよかった・・・!」中田  思わず出てしまった言葉・・・言わず ...... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2016-06-08 21:28
タイトル : 重版出来! 第9話
「好きです突然、愛の告白…成るか!?初連載!」 内容梨音(最上もが)の家出により、高畑(滝藤賢一)の原稿が遅れ気味。心(黒木華)が、梨音を見つけ出し、高畑に原稿を急がせる。そして。。。。ようやく、完成。原稿が落ちず、ホッとする和田(松重豊)。心は、...... more
Tracked from ドラマでポン at 2016-06-09 21:24
タイトル : 「重版出来!」8、9  ☆☆☆☆
「生きてて良かった……生まれてきて良かった」雑誌連載が決まって出てくるセリフがこれって。しかも報告して喜びを分かち合う家族もいない、中田の生きてきたこれまでを思うと怖 ...... more
Tracked from 昼寝の時間 at 2016-06-10 13:34
タイトル : 重版出来! 第9話
公式サイト 例のごとく“かまってちゃん”な彼女・梨音(最上もが)の家出に振り回さ... more
<< 猿の惑星:創世記(ジェネシス) 僕のヤバイ妻「隣人が殺人を目撃... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
重要参考人探偵 (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ2 第2話
from ぷち丸くんの日常日記
重要参考人探偵 (第1話..
from ディレクターの目線blog@..
コウノドリ #02
from ぐ~たらにっき
コウノドリ[2] (第2..
from ディレクターの目線blog@..
ユニバーサル広告社~あな..
from ディレクターの目線blog@..
ブラックリベンジ (第3..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)