里見八犬伝
e0080345_103217.jpgじつは、名前が超・有名にもかかわらず、ストーリーの詳細をよく知らなかったのと

「ひょっとして、“ドラクエ4  導かれし者たち”のルーツって、これ?」って、そういう、やや斜め方向からの興味からチェックしたのですが… 想像以上に面白かったです。

とにかく、キャストが豪華絢爛!
ロケから音楽、衣装(なんと、天下のワダエミ!)に特殊効果、と、めちゃくちゃ気合が入って!ました。今をときめく人材と、凝った映像に「さすが、お正月番組…」と感心してしまったのでした。

中でも、主役、タッキーの別格感ただよう、キラキラ光線をまとったがごと存在感と、敵役の大ボス。玉梓を演じた菅野美穂が、じつにヨカッタです。あやつられ大将というか殿が京本政樹ってのは、似合いすぎて、思わずプププ…

普通に発想すると、玉梓は、かたせ梨乃とか、浅野ゆう子とか、「大奥」や「極妻」あたりの、迫力~~っ!ラインを起用しそうですが、今、思いっきり旬な若手。菅野美穂を起用したことで、まがまがしさと同時に、彼女の抱える哀しみ、みたいなものが切なく表現できて、とくに終盤。女性脚本家らしいティストに仕上がってた分。合ってたなぁ、と感じました。

ちょびっと惜しかったのは、ドラマ版・セカチューであれほど輝いてた綾瀬はるかの姫様役が、ちょっと、他に押され気味だったのが、バランス的に、やや残念だったかな? ジャニーズから抜擢された新人君は、その新鮮さが、なかなかグーでした。

ある意味、思いっきりのおせち料理感覚!を堪能。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-11 10:25 | 日々のメモ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2444299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 17歳バトン プロジェクトX  最終回スペシャル >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
青空エール
from 象のロケット
Baker busine..
from Baker business..
Plant busine..
from Plant business..
映画「青空エール」
from FREE TIME
おんな城主直虎第33回「..
from 森の中の一本の木
警視庁いきもの係 第7話
from レベル999のgoo部屋
日曜劇場「ごめん、愛して..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)