相棒4「悪魔の囁き」
e0080345_1841113.jpgある意味で、この回が相棒史上、最高傑作のひとつ、かもしれませんね。

個人的にも、すごく印象に残りました。

砂本量さんの最後の作品、なのだそう

自殺した村木茂雄の怪演がリフレインし、またその上を行く奥さんの存在感、助手の安斉直太郎の恐怖と傾倒、

内田美咲先生の苦悩、右京さんをハッとさせる、高所恐怖症のキーワード。屋上のサスペンス。

ミステリーとしても、きわめて完成度の高い回でした。

現在の、秀吉・小日向文世と、高橋一生の大躍進の予感を彷彿させますね。

       (ストーリー)

村木重雄は自殺前、すべての事件を自供していた。しかし、家宅捜索では、最初の事件から数えて7件分のピアスしか発見されない。焦る捜査一課は、共犯者を妻の順子とにらみ、血眼の捜査を開始する。一方、右京は、まったく別の角度から犯人像を推理し始め…。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-07-12 18:39 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24522920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< せいせいするほど、愛してる「愛... 相棒4「密やかな連続殺人」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
貴族探偵 #06
from 刹那的虹色世界
貴族探偵 第6話
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第6話
from ドラマハンティングP2G
貴族探偵 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
アリス・イン・ワンダーラ..
from ★yukarinの映画鑑賞ぷ..
「4号警備」~最終回 ☆..
from ドラマでポン
「釣りバカ日誌(2)」~..
from ドラマでポン
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)