「ホットロード」ふたたび
e0080345_10412397.jpg聞く所によると、原作者・紡木たくは、長年、映像化に躊躇してたけれど、「あまちゃん」で、能年玲奈がブレイクする以前、映画『カラスの親指』を見た時点で、GOサインが出てたそうですね。

最初に見た時の感想は、こう、でしたが、再び見たら、やはり、能年玲奈、思春期のデリケートで複雑な感情を演じ分ける意味で、大した俳優さんだなぁ、と感じたのでした。

同じあまちゃんで、若・春子を演じた、有村架純の活躍が目覚ましかっただけに、大人の諸事情。こじれてしまった云々に思わず胸キュン

でも、『僕等がいた』シリーズなどの三木孝浩がメガホンをとっただけあり、随所に光るものがあり、幾多の受賞も納得、だったのでした。

惜しむらくは私が、暴走族・文化や、その醍醐味に今ひとつ圏外なので、「なぜ?」「どうして?」が、多々。突っ込みどころは満載ですが、なかなか、よくできた作品に感じました

願わくば、これだけの表現力のある能年玲奈、改め「のん」さんが再び良い作品に恵まれますように

     (解説)

1980年代に若者の圧倒的な支持を集めた紡木たくによる少女コミックを、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でブレイクした能年玲奈主演で実写映画化した青春ドラマ。原作者の紡木たくが脚本を監修し、母から愛されず行き場のない不安を抱える孤独な14歳の少女と、刹那的に生きる不良少年との切なくも激しい純愛を描く。ヒロイン能年の相手役には、三代目J Soul Brothersの登坂広臣が抜てきされ、『僕等がいた』シリーズなどの三木孝浩がメガホンを取る。

     (ストーリー)

母から愛されず、自分が誰からも必要とされていないと心を痛める14歳の宮市和希(能年玲奈)は、学校で周囲と打ち解けられず孤独を抱えていた。そんなある日、不良の春山洋志(登坂広臣)と出会い、彼らの世界に自らのよりどころを見いだすようになる。少しずつ洋志に惹(ひ)かれていく和希だったが、Nightsのリーダーとなった洋志は反目し合うチームとの激しい争いにしのぎを削ることとなり……。
[PR]
by noho_hon2 | 2016-07-19 06:40 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24537654
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2016-07-19 19:04
タイトル : 『ホットロード』
□作品オフィシャルサイト 「ホットロード」□監督 三木孝浩□脚本 吉田智子□原作 紡木たく □キャスト 能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、小澤征悦、鈴木亮平■鑑賞日 8月17日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 14...... more
<< 好きな人がいること「最高のご褒美」 仰げば尊し「ジジイって呼ぶな!... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
コウノドリ2 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
コウノドリ[2] (第6..
from ディレクターの目線blog@..
「相棒 season 1..
from 三毛猫《sannkeneko..
【この声をきみに】第7話..
from ドラマ@見とり八段
本能寺ホテル
from だらだら無気力ブログ!
刑事ゆがみ #06
from ぐ~たらにっき
木曜劇場『刑事ゆがみ』第6話
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)