臨場 再放送「赤い名刺」
e0080345_07482442.jpg臨場は、最初から、かくも濃厚な物語だったのですね。

今回の被害者は、イチこと、一ノ瀬和之(渡辺大)の元カノだったとは!

いったんは、自殺と見立てられましたが、実は自殺に見せかけた他殺。

イチも疑われ、苦悩する姿が「こんな回もあったのですね」と感心。

まさか、押す扉とパウダーから足がつき、真犯人は同じ職業の人間だったとは

被害者の不運と、イチへの未練というか、慕情… 大切に思ってた赤いハートのついた名刺。そのラストに、しみじみ…

    (ストーリー)

とある事件現場。検視官心得の一ノ瀬和之(渡辺大)は、検視官の倉石義男(内野聖陽)らが見守るなか、小坂留美(松下由樹)を記録係に検視を行なっていた。被害者の女性と言い争っていた元恋人の男性を確保したと息巻く所轄刑事。しかし、一ノ瀬は自殺だと断定する。首に抵抗した痕、吉川線もなく、絞め方も弱い。それらを総合的に判断しての一ノ瀬の結論に、倉石も異論はない。殺人だと思い込んでいた所轄をあざ笑うかのように、倉石も自殺と断定する。
 
一ノ瀬の鮮やかな仕事ぶりに、捜査一課の立原管理官(高嶋政伸)も満足げだ。「お前を見込んだのは間違いではなかった」。立原の言葉に、一ノ瀬は喜びを露にする。
 
珍しくご機嫌で留美と飲んだ帰り、一ノ瀬は、偶然以前付き合っていたホステスのゆかり(小嶺麗奈)と再会する。薬指に光るルビーの指輪を自慢するゆかり。まだ婚約とまではいかないが、どうやら結婚が近いらしい。しかも、相手は一ノ瀬が知っている男だと言う。そんなゆかりから、「私、とっても好きだったよ、イッちゃんのこと」と真顔で言われ、一ノ瀬は言葉を失ってしまう。
 
そのゆかりが遺体としてアパートの自室で発見され、倉石たちに臨場要請がくる。ぶらさがり健康器にロープをかけ、首を吊っている姿を、訪ねてきた母・尚子(松本留美)が発見したという。ゆかりの突然の死に呆然となる一ノ瀬。自分に関係がある人物とわかり、しかも殺人となれば、自分の出世の妨げになる。一ノ瀬は、動揺を懸命に抑えつつ、倉石らと現場へ向かう。
 
そんな一ノ瀬の動揺を知ってか知らずか、倉石は、検視を仕切れと言う。「自殺であってほしい…」。祈るような気持ちで検視を行なう一ノ瀬。その傍らで、倉石は、ゆかりの薬指の指輪痕を発見。しかし、一ノ瀬が見たルビーの指輪は、現場から消えていた。さらに、ゆかりが着用していたワンピースには白い粉が…。いったい何の粉なのか?
 
そんな倉石たちを横目で見ながら、一ノ瀬は、ゆかりのバッグにこっそりと手を伸ばした。ゆかりの手帳には以前自分が渡した名刺があるはずだ。名刺が発見されれば、自分が殺人犯として疑われるばかりか、出世の道も閉ざされてしまう。一ノ瀬の手が手帳にかかったそのとき、死体検案の谷田部(小林高鹿)が入ってきた。一ノ瀬は、思わず手を引っ込めてしまう。
 
谷田部の結論も定型的縊死であり、自信をもって自殺と断定する一ノ瀬。だが、倉石は、「俺のとは違うな」と、ひと言。これは殺人事件だ、と断定する。
 
その後、一ノ瀬の指紋がゆかりの部屋から発見され、容疑者となった一ノ瀬は、窮地に追い込まれていく…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-08-16 07:48 | ドラマ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24597623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from トリ猫家族 at 2016-08-16 18:53
タイトル : 「臨場」 第2話  「赤い名刺」
 今回、倉石(内野聖陽)のチームが臨場したのは2件。 最初は駐車場で窒息死していた女性の遺体。 所轄刑事達は、言い争っていた恋人の男性が容疑者として確保し、 「殺しです ...... more
<< スマスマの冒頭テロップ 好きな人がいること「彼の真実」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
木曜劇場『人は見た目が1..
from レベル999のgoo部屋
木曜ドラマ『緊急取調室(..
from レベル999のgoo部屋
人は見た目が100パーセ..
from MAGI☆の日記
緊急取調室 #02
from ぐ~たらにっき
人は見た目が100パ-セ..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室 SECOND..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室 [SECON..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)