運命に、似た恋 「一夜だけ咲く花」
e0080345_06275763.jpg終盤、ユーリ(斎藤工)の作った、幻想的な演出のなされた広大な空間が美しくて、ラブ・シーンも本当に自然で初々しかったです。

今回の恋敵は、クライアントの社長夫人・マホ(山口紗弥加)なのですね。
この世界観とキャスティングのせいか、人妻と身体だけの関係、ってのも、シャレて感じます。

刹那な身体だけの関係より、一緒に食べて話をする関係の方が、より濃厚ってあたりも、「なるほど」
そこのところもリードしようとしてた、彼女の、部屋に入り込んで「食べてもらえぬ夕食」が、ちょっと切なかったかな?

次は、喧嘩もあるみたいですね。早く、お互い“運命の相手”と気づきますように。

    (ストーリー)

ユーリ(斎藤工)は広大な空間を演出する‘インスタレーション’を手掛けることになった。師匠のヨシタカ(奥田瑛二)は、そんな彼にプレッシャーをかける。制作に取り掛かったユーリは、クライアントの社長夫人・マホ(山口紗弥加)からの食事の誘いも取り合わない。そして彼は、デザインの鍵を握る布の染色を、カスミ(原田知世)が勤めているクリーニング店に依頼する。だが本番前日、カスミが会場に届けた布を確認したユーリは、異変に気付く。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-01 06:24 | ドラマ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24691466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 東京インターナショナルオーディ... 湊かなえサスペンス「十五年後の補習」 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
『後妻業の女』 社会的な..
from 映画批評的妄想覚え書き/日々..
後妻業の女
from 映画的・絵画的・音楽的
後妻業の女
from とらちゃんのゴロゴロ日記-B..
後妻業の女〜ハセキョンが..
from 佐藤秀の徒然幻視録
【おんな城主直虎】第25..
from ショコラの日記帳・別館
貴族探偵 第11話(最終回)
from レベル999のgoo部屋
貴族探偵 第11話(最終話)
from ドラマハンティングP2G
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)