幸福の黄色いハンカチ (1977)
e0080345_06380094.jpg健さん、追悼番組の録画で鑑賞。

やはり、高倉健と倍賞千恵子、こういう役が似合いますね。

本当にキャスティングが上手いですね。武田鉄矢と桃井かおり、渥美清の若さに感動。

そのバカップルぶりと能天気さがよくて、ディテールに時代を感じてしまいましたが、やはり、名作だなぁ、と感じました。

ロードムービーとしても、よく出来ていた気がしました。

もともとは、ドーンの曲からインスピレーションをうけて… だったはず。「黄色いリボン」が、日本だと「ハンカチ」になるあたり、面白いですね。

余談ながら、「流星の絆」のラスト(黄色いポストイット!)も思い出してしまったのでした。

    (解説)

刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。主演は名優・高倉健、その妻役に倍賞千恵子、製作当時映画初出演の武田鉄矢、桃井かおりらが共演。日本映画史に輝く不朽の名作を、色鮮やかによみがえったデジタルリマスターにて堪能したい。

    (ストーリー)

新車を買って、あこがれの北海道をドライブする欽也(武田鉄矢)は、一人旅の朱美(桃井かおり)をナンパして二人で旅を続ける。途中、出所したばかりの中年男・勇作(高倉健)と知り合い、3人は旅を共にすることに。やがて勇作は、「自分を待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを掲げておいてくれ」と妻に手紙を書いたことを打ち明ける。


[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-08 06:38 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24705898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from パピとママ映画のblog at 2016-11-27 20:32
タイトル : 幸福の黄色いハンカチ ★★★★★
刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占...... more
<< べっぴんさん、第一週「想(おも... 10月だというのに、あまりにも暑くて >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
ボク、運命の人です。 第..
from ぷち丸くんの日常日記
緊急取調室  第2話  ..
from Lee&#039;s Di..
ボク、運命の人です。 #..
from ぐ~たらにっき
ボク、運命の人です 第3..
from 平成エンタメ研究所
犯罪症候群 Season..
from ディレクターの目線blog@..
ボク、運命の人です。 (..
from ディレクターの目線blog@..
オトナの土ドラ『犯罪症候..
from レベル999のgoo部屋
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)