キャリア~掟破りの警察署長~「DV夫を華麗に成敗!!」
e0080345_08381401.jpgこちらは、わりと単純明快な痛快劇で、きっちり溜飲が下がるので、見易かったです。

それに、軽いコミカルな味付けも、ポイントかな?

なまじ弁護士で、インテリ・DV夫が、きっちり成敗されてヨカッタヨカッタ。

坊や、手錠の鍵を飲み込んでまで、「ママを守ろうとした」甲斐ありましたね。

こちらの、遠山金志郎は、なかなかに目の保養…

    (ストーリー)

北町署で、子どもたちを集めた署内見学会が行われた。発案者はもちろん、署長の遠山金志郎(玉木宏)だ。その案内係を命じられた実里(瀧本美織)は、言うことを聞かない子どもたちに手を焼くばかり。

すると、その中のひとり・友樹(松浦理仁)が、「これでオオカミ男を捕まえられる?」といって手錠を持ち出し、金志郎と南(髙嶋政宏)を手錠でつなぐと、何と手錠の鍵を飲み込んでしまう。幸い友樹にケガはなかったが、鍵は自然に出てくるのを待つしかなく、金志郎と南はしばらく手錠で繋がったままに…。

そんな騒動の中、金志郎は、女性の悲鳴が聞こえたという通報に目を止める。金志郎は、通報者の女性を北町署に呼んで話を聞いた。その女性によれば、悲鳴は友樹の家でもある大鳥家から聞こえてきたのだという。友樹の母・真理恵(霧島れいか)に会い、彼女が夫からDVを受けているのではないかと疑う実里。

実はそのころ、南たちは、駅前のマンションで会社社長の愛人が殺害された事件を追っており、社長の弁護士を務める友樹の父親・敦彦(飯田基祐)から証言を得ようとしていた。敦彦にDV疑惑があることを知った南は、いま彼ともめ事を起こすわけにはいかない、と言うと、被害届も出ていない以上何もできないと主張する。「どうしてあげたいですか?」と金志郎から問いかけられた実里は、真理恵の元を訪れるが…。

[PR]
by noho_hon2 | 2016-10-17 08:39 | ドラマ | Trackback(4) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24724592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-10-17 08:58
タイトル : キャリア~掟破りの警察署長~ (第2話・2016/10/..
フジテレビ系・『キャリア~掟破りの警察署長~』(公式) 第2話『DV夫を華麗に成敗!!』の感想。 金志郎(玉木宏)は南(高嶋政宏)と手錠でつながれてしまう。署内見学中の男児・友樹の仕業だ。友樹が鍵を飲み込んでしまったため、金志郎と南はやむなくそのまま業務に当たることに。そんな中、金志郎が女性の悲鳴が聞こえたと通報があった家を突き止めると、そこは友樹の家だっ...... more
Tracked from ぐ~たらにっき at 2016-10-17 12:28
タイトル : キャリア~掟破りの警察署長~ #02
『DV夫を華麗に成敗!!』... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-10-17 17:24
タイトル : キャリア〜掟破りの警察署長〜 第2話
ストーリー #2「DV夫を華麗に成敗!!」2016.10.16 北町署で、子どもたちを集めた署内見学会が行われた。発案者はもちろん、署長の遠山金志郎(玉木宏)だ。その案内係を命じられた実里(瀧本美織)は、言うことを聞かない子どもたちに手を焼くばかり。 すると、その中の…... more
Tracked from レベル999のgoo部屋 at 2016-10-17 17:40
タイトル : キャリア~掟破りの警察署長~ 第2話
「DV夫を華麗に成敗!!」 内容金志郎(玉木宏)の発案で、子供たちを対象にした見学会が開かれる。そんな折、デスクの上の捜査報告書に目が止まる。“女性の悲鳴が聞こえたという通報”に関してだった。 一方、署内を案内していた実里(瀧本美織)は、ひとりの少年が、“コレでオオ...... more
<< レンタル救世主「Wストーカー!... IQ246~華麗なる事件簿~ ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
明日の約束 (第6話・2..
from ディレクターの目線blog@..
明日の約束 第六話
from レベル999のgoo部屋
火曜ドラマ『監獄のお姫さ..
from レベル999のgoo部屋
デスノート Light ..
from 象のロケット
【監獄のお姫さま】第6話..
from ドラマ@見とり八段
監獄のお姫さま 第6話
from ぷち丸くんの日常日記
「デスノートLight ..
from ノルウェー暮らし・イン・原宿
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)