お父さんのバックドロップ
e0080345_18373134.jpg中島らもの、たいへん人気ある作品だけに、大いに興味あったのですが、父親役の宇梶剛士と息子役の神木隆之介が、じつにハマっていてヨカッタ!です。

エンディングテーマのイラストも、スネオヘアーの音楽もグー… とにかく製作者達が、原作を「心から愛してる」のが、ひしひしと伝わってきて素敵でした。

オハナシは、弱小プロレスチームの悪役レスラーな父が、その不器用でまっすぐがゆえに、息子に疎まれ、その愛をとりもどすべく、無謀な戦いに挑むのだけど… という、大阪の下町を舞台にした、笑って泣ける物語。

大人も子供も、それぞれの事情、それぞれの想いがゆえに、すれちがってしまうのが切なくてね。ただ、何より泣けたのは、ふとした場面。散髪屋に扮してた、原作者、中島らもの姿

「この気配。役者も逃げ出す、独特のオーラ… ひょっとして、らもさん?」と思ってたら、思いっきりビンゴぉぉ!  この映画が完成する直前、急逝されたとのこと。

ネットでは「この、らもさんの姿を見るだけに、もう1度見てもイイ」という声さえあったのに、ほろっとなってしまったのでした。

だけど、これほど多くの人々に愛される作品を残せたことは、またひとつの幸せですね。
改めて、原作を読んでみたいです。
[PR]
by noho_hon2 | 2006-01-16 18:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/2492744
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夜王 ~YAOH~ みなとみらいを、お散歩 >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
MONSTERZ モンス..
from だらだら無気力ブログ!
TOO YOUNG TO..
from だらだら無気力ブログ!
『WALL・E ウォー..
from こねたみっくす
「警視庁捜査一課長 se..
from 三毛猫《sannkeneko..
映画評「TOO YOUN..
from プロフェッサー・オカピーの部..
警視庁・捜査一課長 Se..
from ドラマハンティングP2G
『TOO YOUNG T..
from みはいる・BのB
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)