黒い十人の女 「黒い十人のティーパーティ」
e0080345_06332115.jpg風(船越英一郎)にまつわる女達… 妻を筆頭に愛人達と十人が集結して、ティーパーティだなんて壮観!

でも、途中、それはそれは美味しそうにケーキやプリンを食べてたりして、幸福で和やかそうなのも、シュールで可笑しかったです。

ひとり1錠ずつ、十人で飲ませて殺人が成立する作戦が決まったのですが、久未(成海璃子)が躊躇して、一命をとりとめた

に思ったのですが、そこに、なんと風があらわれ「愛人達と全員、別れる」宣言したもので、一同、唖然。ついに久未まで小瓶に手を伸ばしてしまいました。

一体、どうなる?!

     (ストーリー)

  風の妻・睦(若村麻由美)が経営する店「カチューシャ」。風の愛人の1人である如野佳代(水野美紀)の呼びかけで、ついに妻と愛人の10人全員が集結した。

  「えー皆さん、本日はお集まりいただき、ありがとうございます。ここにいる10人は風松吉の奥様と9人の愛人です。」挨拶を始める佳代。そして、佳代は戸惑う愛人たちに妻の睦を紹介する。「いつも風がお世話になっております。今日はお店を貸切にしていますので、ごゆっくりしていってくださいね。」さらに戸惑う愛人たち。「じゃあ、この流れで全員自己紹介しましょうか。」愛人9人が順に自己紹介をしていくことに―。

  「はい、これで全員かな…さ、ということで、そんな10人が今日初めて集合しました。」9人が自己紹介を終え、再び話し出す佳代。「1人の男に人生を狂わされたという意味では、この10人は仲間だと思うの…」「佳代さん、前置きはいいから早く用件を言ってもらえない?」佳代に突然呼び出され、意味がわからないままの愛人たち。

そして、佳代はついに本題を切り出した。「私たちはなんとかして1日でも早くこの地獄から抜け出さなければいけない。そのためにはどうすればいいのか、その解決策を私は皆さんに提案したい。」「提案?」「そう、私たちがこの地獄から抜け出すための唯一の方法…」佳代は愛人たちに驚きの提案をした。騒然とする愛人たち―。

  その提案に賛成する者と反対する者…愛人たちの意見は分かれた。それをきっかけに愛人同士のケンカが勃発し、お互いを罵り合う不倫女たち。そんな愛人たちをなだめる睦。その後も、佳代は愛人たちを説得しようとするが―。

  と、そこへ突然、風が入ってきた。驚く10人の女。「打ち合わせが終わって時間が空いたから寄ったの。お邪魔しました、皆さんどうぞごゆっくり…」と出て行こうとする風。しかし…「あ、そうだ」「?」「今みんないるんなら、ここで言っちゃおうかな」「…何?」そして、風はとんでもない言葉を口にした―。

  「…ということで僕からは以上です。」と言い残し、部屋を出て行く風。「ねぇ、今言ってたこと理解できた?」「いや、さっぱり」「あれ、どういう理屈?」「急すぎて何が何だか」「狂ってる」「怖い…」戸惑いを隠せない女たち…すると、久未が突然言い放った。「やりましょう、あの腐れ外道」激しく同意する女たち。女たちの計画とは…そして、10股男・風松吉の運命は―!?

[PR]
by noho_hon2 | 2016-11-19 06:33 | ドラマ | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://perple.exblog.jp/tb/24944447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ドラマ@見とり八段 at 2016-11-19 14:46
タイトル : 【黒い十人の女】第8話 感想
10人全員にそれぞれ1錠ずつ飲まされて、初めてあいつは死に到る。 8錠でも9錠でもなく10錠。 久未ちゃん、これがどういうことか解…... more
Tracked from ドラマハンティングP2G at 2016-11-19 16:47
タイトル : 黒い十人の女 第8話
第8話「黒い十人のティーパーティ」 ラテ欄「夜の茶会、衝撃の提案狂った議論と情念の極」 11月17日(木)よる11時59分~放送※一部地域を除く 風の妻・睦(若村麻由美)が経営する店「カチューシャ」。風の愛人の1人である如野佳代(水野美紀)の呼びかけで、ついに妻…... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2016-11-19 21:19
タイトル : 黒い十人の女 (第8話・2016/11/17) 感想
読売テレビ・日本テレビ系・木曜ドラマ プラチナイト『黒い十人の女』(公式) 第8話『黒い十人のティーパーティ』ラテ欄『夜の茶会、衝撃の提案狂った議論と情念の極』の感想。 なお、原作は和田夏十氏のオリジナル脚本、市川崑監督による映画『黒い十人の女』(1961年)、和田夏十氏脚本と市川崑監督によるリメイクドラマ(2002年)は鑑賞済み。 佳代(水野美紀)の呼...... more
<< 加藤國子写真展 社 その2 者ヨシヒコと導かれし七人「ミュ... >>


折々で感じたままに書いてます。心に残ったものレポート
最新のトラックバック
『植木等とのぼせもん』 ..
from 美容師は見た…
地味にスゴイ!DX校閲ガ..
from レベル999のgoo部屋
TOO YOUNG TO..
from 銀幕大帝α
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ぷち丸くんの日常日記
超高速!参勤交代 リターンズ
from to Heart
地味にスゴイ!DX 校閲..
from ディレクターの目線blog@..
わにとかげぎす (第9話..
from ディレクターの目線blog@..
最新のコメント
カテゴリ
最新の記事
記事ランキング
以前の記事
メモ帳
「のほほん日和」
(04年9月~05年9月)